2014年06月19日

自分らしさ

CIMG2207.JPG


スポーツ選手の試合終了後のインタビューを聞いていると、よく「自分の○○ができた(できなかった)」という言葉を耳にします。

たとえば、「自分の滑りができました(できませんでした)」「自分たちの野球ができたと思います(できなかったので悔しいです)」という具合です。

気をつけていると、ほとんどのスポーツでこの言葉を耳にしますし、スポーツでなくとも、何か自分の専門を持っている方は、この「自分の」というパフォーマンスや表現をとても大切に考えているように思います。

更にいうと、日々の生活の中でも、「自分らしさ」「自分探し」という言葉を耳にしますが、それも「自分の生き方」や「自分の好きなライフスタイル」といったように「自分の○○」を持っていたい、という欲求が多くの人にあるのではないかと思います。


私も、カウンセリングを始めた頃に、カウンセリングの師に指導を仰ぐ中で「自分がどういうスタイルでやっていいのかわからない」という意味のことを相談したところ、酷く叱られたような記憶があります。まだまだ「自分のカウンセリング」を語るような段階ではない、ということだったのだと思います。

今思うと、いろいろなタイプのカウンセラーを見る中で、自分はどのようなカウンセラーになりたいのだろう、という拠り所が欲しかったのだと思いますし、それは常に自問自答していくものだという気持ちは今も変わりありません。



「私の○○」と言い切れるということは、仕事でも趣味でも生活習慣でも、自信を持って、これが自分のやり方だ!と自分自身が納得できているということだと思います。

その域に到達するにはかなりの努力の積み重ねが必要な場合もあるでしょうし、逆に何もしなくとも「あるがまま」の自分を好きでいられる、認めていられる、ということでもあるのではないかと思います。


他の人と自分を比べることで、自分に自信がなくなってしまう時は、一度、この「私の○○」ってなんだろう、と考えてみることも大切かもしれません。

そして、「自分の○○」があると同時に、他人にも「自分の○○」があるということ、その「違い」を、どう受けとめ、どういう距離感を持つか、というコツをつかむことによって、気持ちが楽になったり、自分のよい所を更に引き出せたりするのではないか、と思うのです。



ところで「私のカウンセリング」ですが、その頃から大分経ちました。
経験の少なかった頃とは違い、時に「私はこれでいい」という感覚を持てることも多くなりました。
どういうことを指して「私のカウンセリング」というのか説明するには、専門的な部分が多いので省きますが、その中のひとつに「奇をてらわなくてよい」というものがあります。

これもたとえですが、「魔法のように」とか、「カリスマ」とか、「不思議な感じ」といったイメージではなく、利用者さんが知らなかった方法や答えがあるなら、私の知識を使って一緒に辿り着けるように、するべきことをする、ということです。

けれど、それで終わりではなく、本当にこれでいいのか、という気持ちも同時に持ち続けてカウンセラーとして成長し続けていきたいと思っています。


posted by サトウマリコ at 11:46| Comment(0) | ココロ

2014年05月15日

少しずつ…

勤務していた頃は、毎年新年度になると、細かく仕事の分担が変わったり、職場自体が異動になったりと環境の変化がありました。慣れるまで不安や大変さはありますが、新しいことに取り組むという新鮮さが、心地のよい緊張感になっていたように思います。

ただ、自分では決められないことなので、4月を迎えるまではドキドキ感とワクワク感が入り混じったような気持ちでした。


今の私は、基本的に、自分で自分の仕事を決めるという環境にいます。
結果がそのまま自分に跳ね返ってくるので、おそらく見た目ほどよいことばかりではないかもしれません。
それでも、自分の気持ちや持っている技術に合わせて、調整できるのは贅沢なことだと思っています。


いろいろなことを考えて、4月から、心理カウンセリング業務にあたる日を増やしました。
(利用してくださる方あってのことなので、私が「できる日」を増やしたからといって、自動的にカウンセリングをする日が増えるとは限りませんが)。

おかげさまで、少しずつ、カウンセリングをする時間が増えています。


今は、ただただその時間が増えることだけが自分の目標ではありません。
もちろん、自分の提供できるものを少しでも多くの方に役立てていただきたいという気持ちはあります。

けれども、カウンセリングという非日常の大切な時間をお預かりする自分という人間が、もっともっと成長し、よいコンディションでその時間に臨めるように、瞬間瞬間を「よい感じ」で過ごせたらなあ、と考えています。

そう考えると、たとえ、怒っていても泣いていても、そして楽しんでいても、休んでいても、じっくりとその感覚や感情を味わいながら生きていこうという気持ちになります。

そのことが、カウンセリングの役に立つ、と経験上思えるからです。

カウンセラーではなくても、同じように思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
posted by サトウマリコ at 19:40| Comment(0) | 日記

2014年04月25日

カスタマイズ

4月になって、年度が替わり、仕事の体制が少し変わったのと、何より、独立と同時に購入したノートパソコン(メモリ不足で毎日火を噴きそうなほど熱くなるのをなだめながら使っていた)を、ついにメンテナンス終了のため変えざるを得なくなり、ここひと月ほど何をしていたかというと、

モノとしての仕事道具の整理、そして、パソコンのセットアップから、使えなくなったソフトを考慮してのいろいろな作業。

を、ぼちぼち進めていました。

若干面倒ではありますが、いらなくなったものを捨てたり、不慣れだけど新しい便利な機能に助けられたり、とよいことも多いので、よいのですけどね。

実は、このブログも、ちょこちょこ変えていました。
ホームページに寄っていただかなくても、情報はそろっていたほうがいいなあ、と今更気づき、カテゴリを増やしたり並べ替えたり、日付を遡って新規投稿したり、とまだまだですが、より見やすくしていければと思っています。


ところで、体はそのままに中身が入れ替わる、という映画やドラマがありますが、昔、こんなことを考えたことがあります。
「もしも、自分の肉体はそのままだけれど、中身が別人になったら、きっと気持ちの持ちようが違うだろうから、筋肉の使い方(表情や姿勢)も変わるだろう。そうしたら、同じ体でも、もっと美人に見えたり、逆の場合もあるのだろうか?」と。。

なぜ、こんなことを思い出したかというと、要は、私たち人間は、親からいただいた体を、生まれた瞬間から「自分流」にカスタマイズしているのではないかなあ、と思ったからです。

どんなに、育った環境の影響を受けていたとしても、どこかに「自分流」は入ってくると思うのです。

ただ、パソコンや何か他の物のように、思い立ったらイメージ通りにカスタマイズできるかというと、難しいですね。

カウンセリングをしていると、どうカスタマイズするか、あるいは、これ以上カスタマイズする必要があるのかどうか、そんな相談をしている気持ちになる時があります。
きっと、「自分はこうよ!」としっくりきている時は、気持ち楽だったり、うきうきしたりするのではないでしょうか。


そんな私は、最近、体のサイズのカスタマイズが全く思うようにいかず、悩ましい日々を送っているのでした。



posted by サトウマリコ at 19:18| Comment(0) | 日記

2014年04月16日

「ハートフルカラー セラフィ」の紹介

artkyousitu.jpg

2013年度より、セラフィの「色彩心理サービス部門」として、色彩アートセラピーのワークショップやイベント、展示などの事業を行ってきましたが、2014年度からは「ハートフルカラー セラフィ」の名称で本格的に活動を行っていきたいと思います。

仲間たちと共に、利用してくださる皆様との時間を積み重ねながら、研鑽に励みたいと思っております。市民の皆様のお役に立てるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、詳しい情報やご案内は専用ブログにてご紹介しております。

「ハートフルカラー セラフィ」のブログ
http://blog.goo.ne.jp/seraphyroom

posted by サトウマリコ at 23:49| Comment(0) | *ハートフルカラー セラフィ

2014年01月25日

仕事に活かす心理学入門講座・2回目

20140125.JPG201401251.JPG

先週に引き続いて、本日「仕事に活かす心理学入門講座」の2回目を行いました。

前回は、思いのほかブレイキングが長くなってしまい、ちょっと反省。。
でも、今回、すんなりと講座に集中できたのは、前回の時間があってのこと、と感じています。
始まってすぐの皆さんの集中した表情を拝見して、初回とは全く違うなあ、と思いました。

今日は、前半は私が喋りっぱなしの1時間。
後半は、テーマが「建設的な話し合いの技術を学ぶ」でしたので、早速、前半のポイントを意識していただきながら、グループワークを行いました。

皆さまからの感想を拝見すると、昨年と同じように「有意義だった」との項目が多くほっとしているのですが、個別の感想を見ると、特に2回目の今日のほうが、よりご参加いただいた意義を感じていただけたようでした。講師力も若干進歩しているのかな??と勝手に喜んでいます。

伝え方の問題もありますが、私自身の「組織で仕事をしてきた」経験も随分役にたっているように感じます。

これからも、より実践的な講座を目指して頑張りたいと思います。

ご参加くださった皆さま、サンライフ盛岡のスタッフの皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 21:04| Comment(0) | *講座

2014年01月18日

仕事に活かす心理学入門講座・1回目

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


20140118.JPG

今日は、サンライフ盛岡さん主催のキャリアアップ支援講座「仕事に活かす心理学入門講座」の1回目でした。
寒い季節にもかかわらず、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

座学も大切ですが、少しでも長く「記憶に残る講座」を目指しています。そのための一つとして、ブレイキングも兼ねた演習の時間を長めにとりました。

楽しめたか、納得できたか、物足りなかったか……などなど、講師としては思い悩むこともありますが、今日の講座でお伝えしたとおり「受け止め方は人それぞれ・価値観は千差万別」であるだろうということで、2回目に気持ちを向けていきたいと思います。

少しでも、皆さまが職場で、充実した時間を過ごせますように。
お役に立てるよう頑張ります。
posted by サトウマリコ at 23:46| Comment(0) | *講座

2013年12月28日

前に進むということ

uma2.jpg

最近、何人かの方とお話して、以前と変わらずこのブログを読んでくださっている(おそらく正確にはチェックしているだけになるかもしれませんが)ことを知りました。

単純に嬉しい、ということもありますが、「時間が経っても会えなくても繋がっている」という感覚が確かにあるということを思い出させていただきました。
有難いことだと、胸に染みます。

どうも表示を工夫しても上手くいかないのですが、このブログを開設したのは2006年なのです。

文章というものは、過去になればなるほど、恥ずかしく思うこともあるのは仕方がないと覚悟をしつつ、「思うこと」「誰かの役にたつかもしれないこと」「お知らせや報告」を綴ってきました。


最近、ここで筆が進まないのは、多分自分で規制する癖が出ているのだなあと思います。
「書こうかな」とまでは思うのですが、以前のように時間がないのと、なんだか、恥ずかしいなあ、という気持ちに負けてしまいます。
どうも、何を書いてもお説教みたいになったり、自慢みたいになったりするのではないかと思ってしまうのですね。それから、自分自身の日常のことを書くことも、この場では少し違う気がしてしまう。


……ここまで、前置きです。このような心境の私ですが、年末なので、気持ちを振り絞って、とりあえず、自分のことを書こうと思います。



ここ2年程、少し変化がありました。
心理カウンセリングを新たな仕事とするために前職を辞めたわけですが、ほそぼそとカウンセリングは続けつつも、いくつかの別の仕事をしました。

そして、仕事もそうですが、2年という月日の中では、生活にも変化がありました。

今年は特に「失った」と思うものが、いくつもありました。
ひとつ、またひとつと、気がつくと「失って」いるのです。

哀しんだり、苛立ったり、落ち込んだり……

そんな日々がありながらも、毎日、寝て起きて食べて活動をして、そうしているうちに、また変化があって、少しずつ、物事は「進んで」いきます。

そうして、今度はやっと「得たもの」に気がつくことができるところに差し掛かってきたように思います。


仕事で言えば、「心理カウンセリング」を利用する方とは、また別のニーズを持った悩みや困難を抱えている方々がいることを肌で感じました。
心のケアに「心理カウンセリング」以外の方法でアプローチするいろいろな職種の方々と出会うことができました。

そのことによって、「心理カウンセリング」がどういう位置づけにあるのか、受けに来る方がどのようなニーズを持っているのか、中にいた時よりも、客観的に理解することができたように思います。

また、何かをしようという想いを持った経営者、NPO活動をしている方、個人の方との出会いも沢山ありました。

この2年のような過ごし方は多分、長くは続かないだろうという気がして、その出会いを楽しみ、大切にさせていただきました。

そして、少しですが、自分の想いを実現するために必要なことや、本当に「自分の想い」だけでよいのか、といった、広い視野で考える目を養いました。


そのようにして得た学びを活かしながら、エキスパートの道を深めるべく・・・ゆっくりと進んでいきたいと思います。

自分自身にしても環境にしても、時間は流れていきます。
時には、流れが淀むように感じることがあるかもしれませんが、それでも確実に。

そこから沢山のメッセージを受け取るには、困難もありますが、弱かったり強かったりしながらも、しっかり感じながら生きていければいいなあ、と思います。

ああ、やっぱりグレーな感じの文章になりました。


皆さまが穏やかに新しい年を迎えられますように。
posted by サトウマリコ at 00:13| Comment(0) | 日記

2013年11月13日

セミナー参加

PB130173.JPG


今日は岩手県男女共同参画センター主催の「DV被害者支援基礎セミナー」に参加させていただきました。

被害者の心理のみならず、加害者がどういう想いで暴力に至るのかをより現実的に理解できたことが、家族全体からみた支援を進める上で、より役立つという思いが深まりました。

今回のセミナーに参加した理由は、内容ももちろんですが、講師の土井裕先生が、私が師事している先生であることが大きくあります。

久しぶりに、聞き慣れた優しい声と深みのあるお話をお聴きしながら、生徒だった頃の自分、カウンセラーになってからの自分と思い巡らせてしまいました。

たとえ同じ歳になっても、「先生」のようにはなれない、この気持ちは永遠に続くような気がします。

この衝撃のような感覚は、自分は自分でがんばるしかない、と奮い立たせるエネルギーにも繋がっていきます。

「先生」と仰げる方と出会えることは、幸せなことなのだと、今更のように身にしみています。
posted by サトウマリコ at 21:24| Comment(0) | 日記

2013年11月02日

心をラクにする心理学講座応用編

今日は、「心をラクにする心理学講座応用編」を開催しました。

前回は、サンライフ盛岡さまの主催講座でしたが、今回は、個人開催という形でした。
6名の方にご参加いただきました。

前回とはまた違った雰囲気で、大テーブルを囲み、勉強会のような感じ。
内容的にも、今回はあまり演習をせず、説明と質問の時間の繰り返しだったので、私としてはこの形はよかったと思いました。

お一人おひとりとの会話もできましたので、それも嬉しかったです。
伝えたいことが、伝わっているか……、今、どのような様子で聴いているかという空気が届く距離にあるというのはいいな、と思います。
いつもは基本的に立ち続けてお話しますが、同じ目線の高さというのは、またその良さがあります。


と、様子はこのような感じでしたが、「有意義だった」「よく理解できた」とのご感想をいただきました。

今回の内容は、私の経験知からのお話も多くしましたので、自分自身、お話したことによって、身が引き締まる思いがしました。これをもっともっとグレードアップさせていきたいと思っています。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。


201311023.JPG
posted by サトウマリコ at 22:46| Comment(0) | *講座

2013年10月31日

近況報告です

結構、今、よれよれです。
原因は・・・仕事の忙しさでパニックになっているので、これは幸せなことですね。

仕事といっても、事務的な地道な作業が多いです。

講座の原稿を作ったり、イベントの準備をしたり、ホームページの手直しをしたり・・・

ここ数日は、集中してPCに向う日々ですが、やってもやっても終わらず、気持ちが焦るばかり。


そんな自分が、取り組んでいることのひとつには、「心をラクにする心理学講座〜応用編〜」の準備があります。

こういう時は、案外、自分自身がラクでない状態の時のほうが、共感を呼ぶ内容が作れそうな気がします。今回は、前にやったことのある内容の焼き直しではなく、私の中で膨らんできた「伝えたい」ことを新たに2時間の講座に組み立てるというものです。

参加者の皆さんのご要望を聞いてから内容を詰めたいというのもあったので、大雑把にイメージは持っていたのですが、あえて間近に迫ってから詳細は詰めることにしていました。

なので、いろいろなことと重なっている今、「ヨレヨレ」なのは、自分で蒔いた種でもあるのですが・・・。

パニックになりそうな自分を題材に、自分でヒントを差し出すような作業をしているので、検証できてよいのかもしれません。

講座は、今週末の土曜日の午後です。
まだ、お席ありますので、滑り込みでもお申込み大歓迎です!

詳細は、前回の記事からどうぞ。

座り仕事ばかりなので、意識的に運動しようと昨日は家の周りをウォーキング。グラデーションの美しさに感動して拾った落ち葉でしたが、気がつけば、どこかに放り出したまま仕事にのめり込み、すっかり乾いてしまいました……。

PA310105.JPG



posted by サトウマリコ at 11:39| Comment(0) | 日記