2012年03月14日

作品8

利用者様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、うのあ様の絵画作品です。

***************


unoa201203141.JPG


unoa201203142.JPG


unoa201203144.jpg
posted by サトウマリコ at 10:35| Comment(0) | 作品紹介

2012年03月03日

作品7

心理学プライベートレッスンの受講生の方から、素敵なプレゼントを頂きました。

P3030146.JPGP3030148.JPG
手作りのキャンドルです。
色身がとても綺麗です。

ゆらぐ炎に癒されるという方のお話をよく聞きます。
P3030162.JPG
カウンセリングルームのテーブルに飾らせてもらいました。P3030157.JPG
posted by サトウマリコ at 21:46| Comment(0) | 作品紹介

2011年12月28日

作品6

利用者様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、うのあ様の絵画作品です。

***************


unoakokoro.JPG

タイトル 「こころ」



unoaoto.jpg

タイトル 「音」
posted by サトウマリコ at 22:59| Comment(0) | 作品紹介

2011年11月30日

作品5

利用者様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、弥七どん様のコラム作品です。

***************



「悲しい歌」



ビートルズの"Hey Jude"というとてもとても有名な曲がある。
こんな出だしである。


Hey Jude don't make it bad
Take a sad song and make it better

なあ ジュード そんなにくよくよしないで
悲しい歌でも歌えば 少しは気が晴れるよ


名曲といっていいと思うけど、これがとくに秀逸なのは"Take a sad song and make it better" というところだろう。
これが「楽しい歌でも歌えば気が晴れるよ」では、あまりにも凡庸きわまる歌になってしまう。

これからわかることは二つある。
ひとつ、悲しい時には、むりやり楽しい気分になろうとするより、むしろその悲しい気分にとことんまで沈潜した方がよいということ。
ふたつ、音楽というのは、その内容が悲しかろうと楽しかろうと関係なく、音楽そのものがもともとポジティブなものだということ。


そんなことを、少し、思った。
posted by サトウマリコ at 14:14| Comment(0) | 作品紹介

2011年11月19日

作品4

利用者様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、うのあ様の絵画作品です。

***************



unoa.JPG
posted by サトウマリコ at 19:03| Comment(0) | 作品紹介

2011年09月17日

作品3

クライエント様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、Satoko様の銅版画作品です。
タイトルは「弾む気持ち」です。
***************


P9170480.JPG

posted by サトウマリコ at 18:36| Comment(0) | 作品紹介

2010年08月11日

作品1

クライエント様、ブログ読者様からお預かりした作品を掲載しています。
今回は、MO様の作品です。
***************


hikoukikumo.JPG

【働き方に苦慮する私のブレインストーミング】
自分の取り柄である「感覚・感情」を生かすためにも、その阻害要因は論理的に排除する。

■現状把握
1 忙しくなると生活が荒む
2 生活が荒むと心が滅入る
3 心が滅入ると考えが暗くなる
4 考えが暗くなると物事が円滑に進まない

■負のスパイラルの取っ掛かり部分について「なぜ」を整理
【なぜ、忙しくなると生活が荒むのか】
 (1)仕事で精一杯になり疲れるから生活が荒む
 (2)何もする気がなくなるから生活が荒む


■課題解決の具体化
(1)精一杯になり疲れないためにはどうしたらいいか
 ア 休息時間を確保する
 イ 疲れていることを抱え込まずに言葉に表す

(2)何もする気がなくなる前にはどうしたらいいか
 ア 気分転換をする(次のいずれか)
  (ア)体を動かす(ストレッチ、水泳、歩く)
  (イ)指を動かす(手芸、手の込んだ料理)
  (ウ)声を出す(歌う)
  (エ)好きなことをする(読書)
 イ 休息時間を最優先する


■ブレインストーミングをして気づいたこと
1 業務的には全ての用務をこなすことが重要
2 個人的には一つのことに没頭する性格
3 業務上の特質と個人の性格の狭間をどう埋めるか
(1)まず業務上の特質を優先してサラッとでも全てに着手
(2)全てに一度着手したうえで優先順位をつけて深める
(3)深めている事実を客観的にとらえて過小評価しない
posted by サトウマリコ at 20:22| Comment(2) | 作品紹介