2007年10月11日

第2回セラフィ・ワークショップ・その2

071011arennji.JPG

いよいよ明日はワークショップです。

カウンセリングをしながら、そしてワークショップの準備をしながら思っていたことは。。

1対1でクライエントさんと向き合い、具体的な悩みを伺うことと、理論的なことを複数の方にわかりやすく説明するための準備をすることの両方を進めることで、相乗効果があるな、と実感しています。

それは自分の中で起こっていることで、あらためて説明することはしていませんが、理論がカウンセリングで生かされ、カウンセリングが理論を語る時に現実味を帯びてくるための助けになっているような気がします。



明日の会場に飾る花が今夜届きます。
これは一足先に届いた画像。
「確かな愛情と少しのユーモア」+ハロウィンという、わがままな注文に、見事に応えていただきました。信頼できるフローリストさんがいるって、幸せなことですドコモポイント

お花ともども明日の会場でお待ちしています。
参加はまだまだ受付中ですかわいい
posted by サトウマリコ at 12:38| Comment(0) | 日記

2007年10月05日

第2回セラフィ・ワークショップ

071005hana.jpg

早いもので、2回目のワークショップの日が近づいてきました。12日金曜日10:00〜、大通りのリリオさんでティータイム付きの楽しい時間を持ちたいと思います。
今回のテーマは「エゴグラムで自分を知る」です。

あらためて考えてみると、「自分を知る」ってどういうこと??と思うかもしれません。
自分を知る方法に、絶対的なものはありませんね。
今回は、エゴグラムというものを使って、自分がどんな心の状態でいることが多いかを確かめる作業をしていきます。

もしかすると、意外な一面が見えてきたり、短所と思っていた性格が逆に長所に見えてくるかもしれませんぴかぴか(新しい)



この夏、全日本女子バレーの皆さんが世界の強豪たちと戦う姿をテレビで観戦していました。結局勝ち越すことはできませんでしたが、「体格の違いに苦戦を強いられた」という見方がある一方、ある選手は「ほんのちょっとの差なんだ」ということを言っていました。

その差というのは、体格のことではなく、勝負の分かれ目、という意味だと思います。

体格が違うからといって、絶対に勝ち目がないというわけではなく、選手たちは体格の違いを念頭においたプレーを、厳しい練習を通して確立してきているわけです。

たとえばスパイクを打たせないようにできるかどうか、打たせてもブロックする・ブロックアウトを狙う・拾える球を打たせる、などの防御ができるかどうかは、ほんの少しの差まで詰まってきているのだと。
それはおそらく、ジャンプする時の、ほんの短い時間の差であったり、構える位置の数歩の違いであったりするのかもしれません。

人と人とのコミュニケーションを見ていても、「ほんの少しの違い」で、その後のやりとりが全く違ったものになるなあ、と感じることがあります。
カッと怒りの感情が湧いた時に、そのまま相手に言葉をぶつけるのではなく、一瞬間を置いてみる。
相手から不愉快なことを言われた時に、一呼吸置く。
そうすると、その間に「今の自分」というものを客観的に見ることができるんですね。

スポーツの場合でいうと、プレイしている姿を、ビデオの画面で見て初めて何が起きていたのかわかってくるように、一歩引いた距離感で、自分やまわりの状況を確かめることで、次にとる行動が変わってくる場合があります。




自分のことを一歩引いて見る材料として、エゴグラムはとても役に立ちます。
私も半年に一回くらいはエゴグラムをやってみます。
心の状態や傾向は変わるものなので、そうやって今の自分の状態を確かめることで、微調整ができるんです。

そのあたりを、、ワークショップでは楽しみながら解説していきたいと思います。
詳しいご案内はホームページのワークショップのご案内をご覧ください。
ご参加お待ちしておりますドコモ提供
カウンセリングでも、エゴグラムは体験できますので、興味がある方はリクエストしてくださいね。



posted by サトウマリコ at 11:54| Comment(0) | 日記

2007年09月29日

健康診断

070929himenouzen.jpg

健康診断に行ってきました。
以前は職場でいろんな検診を受けさせてもらっていましたが、個人経営の今は、自主的に行かなくてはなりません病院

日頃、体調管理には気を使っているつもりでも、風邪を引いたり熱っぽかったりと、ちょこちょこ気になることはあるもの。
なかでも、最近気になっていた症状がありました。でも、病院に行くほどではないと思っていたんですね。
それは、「なんとなく左上腹部に違和感がある」という症状です。

イタタ…というほど痛くはないし、かといって確かに痛みのような疼くような感覚はあるし、と密かに悩んでいました。
このあたりにある臓器って何だろう??と考えてみても、やはり素人です。
思い切って診断のあと先生に聞いてみました。
去年も、健康診断の時に別の症状で相談したら、とても丁寧に教えてくれた先生でしたので、今回もちょっと期待はしていたのですが。。

きちんと触診された後、なんと、体内にたまったガスが原因かもしれない、というのです目
脾湾曲部症候群といって、腸の一番高い位置にある部分に溜まったガスが横隔膜や周辺の臓器を刺激するのだそうです。
驚きましたたらーっ(汗)

痛みを感じる位置が位置なので、心配して病院に来る患者さんも結構いらっしゃるそうです。
ガスなら安心か、というとそう簡単なことでもないようですが、気持ちは少し楽になりました。

それにしても、胃腸と精神面での繋がりがあるということはよく知られていますが、身体と心が一体だということをまたしても納得することになりました。
どうも、心配なことがあると、この辺が痛むなあ、と感じていたものですから。。

心配な時は、自己判断せず、専門家に聞いてみるものです。
親切な先生で助かりましたドコモ提供



写真は、ヒメノウゼンカズラです。オレンジや黄が多いようですが、これはピンクで愛らしい花でした。関西への旅行で撮影しました。
posted by サトウマリコ at 13:54| Comment(2) | 日記

2007年09月21日

ひと息

今日は、ある研修会に招いていただき、初めて本格的な講演をしました。
お話をいただいたのは6月で、充分な準備期間がありましたので、それは本当に助かったのですが。。

さすがに本番が近づくと「緊張して話せなくなったらどうしよう」と不安が湧き上がってきました。

しかし、、仕事では、クライエントさんの緊張場面を和らげるワークをしている自分。
そして、講演の内容には、「不安との付きあい方」まで盛り込んでいる自分……。

その自分の知識を総動員して、過緊張にならないように頑張りましたたらーっ(汗)
自分の先生には「どんなに上手く話そうと、下手に話そうと、自分が伝えたいことを伝えることが大事」とアドバイスいただいていたのですが、やっぱりガタガタになったら話もできないよがく〜(落胆した顔)と、結構小心者の自分は思ってしまうのです。

結果は、会場の皆さんの和やかな雰囲気に支えられ、なんとか落ち着いてお話することができました。
もちろん問題は内容のほうなのですが、今の自分にできる精一杯のことをしたつもりです。

さて、これからまた心機一転して、カウンセリングやいろいろな企画、コラム執筆などを頑張りたいと思いますドコモ提供
posted by サトウマリコ at 22:48| Comment(0) | 日記

2007年08月16日

夏の雲

8月になって、本格的な夏がやってきたなあ。。とわりとのんきにかまえていましたが、なんとここ数日は記録的な猛暑でしたね晴れ晴れ

東北地方は明日から少し暑さもやわらぐ予報のようですが、全国的にはまだまだ厳しい夏が続くようです。
みなさんは、どんな夏を過ごされているでしょう。。

私は、数日ですがお盆休みをいただきましたドコモポイント
お墓参りの朝、お供え用の花をいじっていたら、輪ゴムを外した拍子に、茎の一部かなにかのカケラが右目に飛び込んできましたふらふら
そのことをすっかり忘れてすごしていたのですが、その日の午前中のうちになんだか目の様子が変に。。

充血してきて、ごろごろするような痛みもあるし、なんだかとにかく「まずい!」と思ったので、急いで眼科に駆け込みました。

お医者様の話によると、植物や動物による傷はかなり深いところまで炎症が起こる場合があって、「油断ならない」とのことでした。
症状が進むと、かなり深刻な状況になることもあるらしいです。

目薬をいただいて、処方どおり数時間おきに挿していたら、幸い今のところは経過はいいみたいです。
それにしても、人生いつどこで、突然何が起こるかわからないということを改めて実感しました。

いくら覚悟していても、その時になってみなければわからない心境がいくらでもあるんだなあ、、と。正直、このまま視力が落ちていったらどうしようと思うと、今まで考えもしなかった重い気分になったのです。
でも逆にいうと、いつ何があっても後悔しないように生きていたい、という気持ちも再確認できたような気がします。


目の症状も落ち着いて来たので、昨日は「ちょこっと遠出」ドライブをしてきました。車の中でさえ、暑くて途中くじけそうになりましたあせあせ(飛び散る汗)
でも、美味しいご飯を食べたら現金なことに立ち直って、自然いっぱいの岩手路を満喫できました。

そして見上げた空には、夏の雲がもくもくと存在感をアピールしていました。
今年も会えたね!そんな気分で空からエネルギーを補給。きっとこんな空をこんな気分で眺められるのも、当たり前とは思えない時が来るかもしれないから。

というわけで、しっかり充電できましたドコモ提供
posted by サトウマリコ at 20:57| Comment(0) | 日記

2007年08月09日

さんさ踊り

少し古い話題になってしまいましたが、今年も「さんさ踊り」が8月1日から4日まで盛大に開催されました。
さんさ踊りは、盛岡近辺の伝統ある盆踊りですが、いまや日本一の太鼓パレードとしても有名で、踊り手、太鼓、笛の参加者も3万人にのぼる大きなお祭りです。

今年でこのお祭りは30周年だそうです。
今年は少しだけ見学をして、後からテレビで編集された番組を見ました。
昔よりもどんどん盛り上がってきているようです。今年は太鼓の数でギネスの記録を更新したとか。
祭りも生きものみたいに、育っているんだなあ、と実感します。

テレビで、沿道で見物していたおばあちゃんが「今年もこれを見て、また一年がんばろうと思いました」とインタビューに答えていました。
私も同感。。ぴかぴか(新しい)
盛岡で育った私は、年を重ねるごとに、さんさの太鼓の音とともに染みついた経験が増えていきます。

太鼓の音を聞いて自然に思い出すことといえば、小学生の頃は運動会でみんなで踊ったさんさ踊りでした。
それから、家族で見物した思い出が増えました。
やがて働くようになって、一度だけでしたが、自分も職場の団体として参加することができました。

そして今はもう数え切れなくなった思い出は、特にこれといった映像を思い出すわけではなく、ただただ太鼓の力強い音とともに圧倒的な何かが押し寄せてくるようになりました。

今年はめずらしく、母が「見に行きたい」というので人ごみの中へ連れ出しました。親切な方に前の方の場所を譲ってもらい、しっかり見物できて満足だったようです。

インタビューに答えていたおばあちゃんや、母の心境に、ゆっくりと自分も近づいていくんだろうなあ。。
そして、きっとこれからもっと、さんさ踊りが好きになっていくような気がします。


posted by サトウマリコ at 22:00| Comment(0) | 日記

2007年08月01日

夏本番

0801kikyou.jpg
8月になりました晴れ

街の空気がどことなく違う、と思ったら…夏休みの子供たちや高校生くらいの元気な子が、いつもみかけない時間帯にいるからなんですね。真っ黒に日焼けしていたり、ちょっとおしゃれして街を歩いていたり目

今朝は散歩の途中で、かわいい姿を見かけました。
それは、子供ではなく雀さん。
なんと道の真ん中にある水溜りで体をふるわせて水浴びをしていました。たった一羽で…。
私が通ると、バツが悪そうにひらりと除けたのですが、通り過ぎてから振り返ると、再び気持ち良さそうに水浴びをはじめました。
ふとひらめいて、うちに戻ってから飼っているインコの前に、大きな入れ物に水を入れて差し出すと、これまた気持ちよさそうに水浴びをはじめました。
今日は、小鳥たちも水浴びしたい気分なのかな。

不思議なもので、訪れてくださるクライエントさんも、共通点があることが多いのです。
もちろん、悩みは人それぞれなのですが、シンクロするというのか、同じ時期に立て続けに似たようなテーマを持っていらっしゃることがあるのです。
それで、私のほうもより深くそのことについて考えることになります。

けれど、もっと大きな枠で考えると、カウンセリングを受けよう、と思いたつ時というのは、開く寸前のつぼみのような状態なのかな、と思います。
カウンセリングは花が開く前の通過点であって、それ以前の段階で積み上げられてきたものが、形になるだけなのだと感じることがしばしばあります。
そのきっかけを逃さないように、タイミングと言葉を大事にしながら、日々クライエントさんに向き合っています。

夏本番がやってきましたが、夏にしかできない貴重な体験を楽しめるといいですねドコモ提供
posted by サトウマリコ at 11:06| Comment(0) | 日記

2007年07月24日

ノウゼンカズラ

一時しのぎやすい曇り空が続いていましたが、昨日あたりからまた暑くなってきました。
盛岡もいよいよ夏本番晴れという感じです。

夏の訪れと同時に、私の好きなノウゼンカズラの花をよく見かけるようになりました。
名前をご存知ない方も、夕日のような濃いオレンジの花が沢山ついている蔦のような植物を道端で見たことはあるのではないでしょうか。
燃えるような色と空に向かって伸びていくような成長力に存在感の強さを感じます。

そういえば、お正月に関西に行った時、大きな蜜柑(甘夏のような…本当は何だったのかわかりませんたらーっ(汗))がなっている庭をよく見かけて、同じ日本のお正月の風景なのに随分違うんだなーと驚いたことがあります。

でもノウゼンカズラの花のある夏の風景は全国一緒なのかな??

庭いじりはしたことがないのですが、好きな植物を庭先に植えてみたいような気持ちが少しわかってきました。
今しばらくは、ご近所のお花を愛でさせてもらいながら歩こうと思いますドコモ提供
posted by サトウマリコ at 10:42| Comment(0) | 日記

2007年07月03日

半夏生

昨日の夜、スーパーマーケットのチラシを何気なくじっくりと眺めていて、面白いものを見つけました。
毎年、夏至から数えて11日目にあたる日は半夏生(はんげしょう)といって、「タコ」を食べる日なのだそうです。
知らなかった私が少数派??

調べてみると、日本の暦を季節ごとにわけた「二十四節気(夏至、秋分、立冬など)」を、さらに細かくした「七十二候」のひとつでした。
俳句好きな自分としては、それを知らなかったことも二重にショックたらーっ(汗)

半夏というのが、「からすびしゃく」という夏の植物の漢名だそうです。ちょうどこの草が生える頃だから「半夏、生ず」というわけですね。

それでどうして、タコなの?と思って、さらに調べてみると。。
ちょうどその頃は、農作業では大事な区切りにあたる時期で、豊作を祈って、タコの足のように稲の苗が大地にしっかりと根を下ろすことを願って食べたようです目

もっと調べてみると、タコを食べるのは関西地方で、他の地方ではうどんや鯖を食べることもあるとか。。きっと、それにも何か納得できる理由があるのでしょうね。

何気なく見たチラシでしたが、こんなふうに、昔の人の考え方に触れることになるなんて、思ってもいませんでした。

年中行事や食文化の由来に触れるとなぜかいつも感動します。
きっと形だけではなく、多くの人の願いや想いが伝わってくるからかもしれません。
(昨日も市の広報に載っていた「さんさ踊り」の歴史の記事を読んでウルウルしていましたあせあせ(飛び散る汗)

関西でないし、農作業もしていないけれど、この機会にタコ、食べようかな。・・・と思ったのですが、スーパーの売り出しは終わっているみたいですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by サトウマリコ at 17:10| Comment(0) | 日記

2007年06月26日

共有

0626himawari.jpg
もう盛岡での上映は終わってしまったのに、今更書くのもなんですが。。
先日、「神童」という映画を見てきました。
さそうあきら作の漫画が原作で、神童というのは、主人公の13歳の天才ピアニスト・うたのことです。

天才ゆえの、うたの葛藤と、音大生・ワオの触れ合いがベースになっているストーリーです。
劇中で流れる音楽をとりまく世界にも緻密な「つくり」が施されているので、観に来た人の中には音楽畑の方なのかな?と思われるお客様も多いようでした。
(私はピアノが好きで、既に漫画を読んでいました。)

主演の成瀬瑠子さんが、別のインタビューの時、「『神童』は大人の映画です」とおっしゃっていたとおり、この映画はある意味大人向けだと思います。
というのも「説明」が派手ではないからです。

例えばそれは、冬に鳴くはずのない蝉の声だったり、一瞬映った本のタイトルだったり、想像するしかない二人のやりとりだったりします。当たり前ですが、どれひとつ無駄な場面はなく、そう思って観ると、セリフの少ない展開の中、「この画面の意味はなんだろう」と考えてみて、それがわかった時が快感なのです。
他の映画も同じだと思いますが、この映画は特にそんな場面が多かったように思いました。

そして、私がこの映画を見たかった一番の理由は、うたとワオの不思議な関係がどんなふうに描かれているかに興味があったからです。

異性ではあるけれど、大学生と中学生。しかも恋愛とは微妙に違うということを示唆するかのように、途中からワオには恋人ができます。

「恋人」とも「友人」とも規定しきれない、人と人とのつながり。確かにあるのは、共有している音楽と時間。原作の漫画で感じたその部分がどれくらいのウェイトで描かれているのかが気になるところでした。

偶然の出会いで、お互いを長い時間つなぎとめる理由はないから、やがて会わなくなる時もくるかもしれない。
そんな相手とふと交わした、挨拶や軽い冗談の中に人を元気にさせるパワーが隠れていることって結構あるな、と普段から思うことがあります。

そして時折、この社会があまりに忙しく、時に淡白になりすぎて、そんなつながりを持つ時間や機会が減っているのではないかと不安になることがあります。
ほんの一言が、支えになることがあるのに、と。

でも、映画をみたら、うたとワオの言葉にできない絆というものをきちんと描ききっていて、ほっとした気持ちになりました。

誰かと何かを共有する時間がとても素敵に描かれている映画でしたドコモ提供
posted by サトウマリコ at 15:46| Comment(0) | 日記

2007年06月16日

コースつくりました。

0616hana.jpg
前々回の続きです。
ホームページと合わせて、サービスの見直しもしてみました。

一番大きいのは、コースを設定したこと。
もともと継続で利用される方に回数券のサービス(これはかなりお得です)を始めるつもりだったのです。
ですので、値段の上ではどのコースを選んでもあまり変わらないわけです。が、あえてコースにしたわけがいくつかあります。

ひとつめは、「カウンセリング」という言葉から固定的なイメージを浮かべる方が多いということ。
私自身、昔はそうだったと思います。すごく悩んで誰かに聴いてほしい、と思った時にもカウンセリングという言葉は浮かびませんでした。

でも、仕事をしてみてわかったのは、カウンセリングってもっともっと身近な使い方があるということ。
そして人によっていろんなニーズがあるし、それに応えられるだけの幅を充分持っているということ。
それを知っていただきたくて、コースや具体的な療法などを目に見える形にすることにしました。

ふたつめは、コースを選ぶという作業を通して、自分の無意識の目的が少しでも意識できるということ。心構えがあるだけで、進み方は随分違います。
そして、カウンセラーとクライエントさんが、目的について共通の認識ができていると、お互いのズレが少なくてすみます。
もちろん、コースを選んだからといって、クライエントさんのニーズを固定的に捉えることなく、常に「今」のクライエントさんが必要としていることを見極める目を持っていきますが、より寄り添った形でのサービスができると思います。

そしてコースに合わせて、どんな療法が有効かということも、ある程度見えやすくしました。
以前は、カウンセリングを進めながらカウンセラーからお勧めする、という形が多かったのです。これからは、あらかじめホームページやパンフレットを見たクライエントさんが、興味のある療法をやってみたい、と希望できる機会も多く持ちたいと思っています。

なぜなら、その療法を「やってみたい」という気持ちの中に、無意識の理由が隠されているかもしれないからです。そしてそれが何かのきっかけになるような気がするのです。
クライエントさんとお話しながら、時には別のものをお勧めすることもあるかもしれませんが、そういう時間も含めて、クライエントさんが「選択」する機会を沢山つくれるようにしていきたいと思います。

とはいうものの、、カウンセリングを受ける時って、コースを選んでいる余裕なんかないのかな〜という気持ちもあります。
もちろんそんな時は、面倒なことは考えずとにかく飛び込んできてくださいドコモ提供
とにかく、いろんなニーズにお応えできるように工夫を重ねていきたいと思いますかわいい
posted by サトウマリコ at 11:19| Comment(0) | 日記

2007年06月13日

向夏

急に暑い日が続くようになりました。
毎年「6月ってこんなに暑かったっけ?」と思うので、多分平年どおりなのでしょうか。。
それにしても、今年は暑い夏になるとか。
ちょっと心配です。

皆さんは、どんな瞬間に「夏」になったことを感じますか?
私は、たとえば麦茶を冷蔵庫にセットした時。
冷麦が食べたくなった時。
ぼーっと夕涼みしたくなる時。
暑くて布団を剥がしながら眠ったことに気づいた時。
だまってても暑い時たらーっ(汗)

そんな瞬間がここ数日の間にあって、ほんとに急に夏になった気分です。
暑くても涼しい顔をしていられるとかっこいいのですけどね。
……無理そうなので、お出かけ用扇子を鞄にセットしなければ。
これも、夏を感じる瞬間ですね眼鏡
posted by サトウマリコ at 23:18| Comment(0) | 日記

2007年06月11日

リニューアルしました

ホームページのデザインをリニューアルしました。
以前からデザインについては「いずれはプロの方にお願いしよう」と思っていたものの、なかなかお願いする業者さんを見つけられずにいました。今回運良く、ピンとくるデザイナーさんに直接お会いすることができまして、初めてお会いしたその日にお願いしてしまいましたドコモ提供

トップの色は、本当は暖色系にするつもりだったんです。でも一応何パターンか作っていただいた見本を見て何日か考えることにしました。そうすると、緑のさわやかな印象が一番瞼に残るような感覚がしたのです。

私にとって、緑は葉っぱの色。
そしてテーマは「再生」です。

再生の誓いの背押す新緑や

恥ずかしながら、自作の句です。
ダメージを受けて、時間をかけて気力・体力が復活してきて、そして内面から新しい力が湧き出てきた時、ふと窓いっぱいに映っていた新緑が自分にパワーを送ってくれたような気がした、その瞬間を詠んだ句です。もう、4,5年前になります。

カラーボトルのセラピーをしていても、春の緑の色(薄い緑色)のボトルを選ぶ方は、これから新しい何かに向かってスタートを切る位置に立っていることが多いです。
不思議です。事前にお聞きしたわけではないのに、説明するとぴったり今の状態と一致するんです。

緑にはそんな印象があるので、ロゴマークも羽と緑の組み合わせを使うことにしました。
人生には時に立ち止まって考えるような時期があるかもしれません。
そんな時、セラフィで一時羽を休めて、エネルギーを充電して、再スタートを切る、そんな場所として使っていただけるようにしていきたいですドコモ提供

デザイナーさんには、すごく早く仕事をしていただいたのに、サービスの見直しなどをしているうちに遅くなってしまいました。
でもデザイナーさんには本当に感謝しています。そしてこんな出会いがあったことにもぴかぴか(新しい)

サービスも新しくなりました。
詳しくは、また次回に。
posted by サトウマリコ at 11:06| Comment(0) | 日記

2007年06月04日

遅ればせながら

先日、5回シリーズで行った心理学講座Aコースが終了しました。
連続の講座をやるのは初めてで、意気込むあまり無理に内容をつめこんでしまったかな。。と反省しています。
受講生の方々は皆優しい方ばかりで、「とても濃い内容でした」と言っていただきました。。ドコモポイント

感想の一部をご紹介します。

・沢山教えていただいた中で特に印象に残っているのが、交流分析の考え方である「他人と過去は変わらない」です。今までの私は、「あの人がこうしてくれれば良いのに…」などと感じたり、思ったりすることが多くて、その思い通りにいかないのなら、私がガマンするしかないかー。でもガマンすることが多いと、不満を感じまた、不満ばかりでストレスになっている状態でした。
そうすると、やる気が出なくなってしまったり、気分がふさいでしまったり、家族へ八つ当たりしていたりしました。このままでは良くないということを強く思い、今回の講座で自分の思考を少しずつ変えていくことの大切さを実感しました。

・認知療法の「認知の歪み」は強すぎると、精神的に辛くなるので何かあった時は教えていただいた通り、紙に書きだして、自分と向き合ってみようと思いました。

・受講する前は日常生活で行きづまるたびに「私のせいなのだろうか、私が悪いにちがいない」と考え、ぐるぐるしていましたが、勉強を進めるうちに物事を明るくうけとれるようになったような気がします。

・用語が多く、はじめのうちはちょっとタイヘンな事をやってしまっているかもと思いましたが、学ぶ事はどれも日常生活に役立てたい事ばかりでした。I'm o.k.黒ハートYou are o.k.黒ハート気に入りました。



続きはまた後日掲載したいと思います。


初めて内容を聞いた方には、ちょっと難しい用語もあったかもしれませんが、絶対これからの生活で「このことだったのか」と思う瞬間が沢山あると思います。(つめこみすぎてゴメンナサイ)

講義をしながら、私自身も気づきが多くありました。
そして教える、教えられるという立場を抜きにして、受講生の皆様とお会いでき、時間を共有できたことが本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

次は基本講座Bのカウンセリング講座です。
講義もありますが、体験重視の予定です。
自分がカウンセリングをするばかりでなく、まずはセラピーを受ける心地よさも毎回組み込んでいきます。
基本講座は今後も開催していく予定です。
そして、今、1回完結のワークショップも計画中ぴかぴか(新しい)
深い内容でいて心地の良い時間をお届けできるようにがんばります手(グー)
posted by サトウマリコ at 01:21| Comment(0) | 日記

2007年06月01日

6月です

久し振りの更新になってしまいました。
何度か書こうとしていたのですが、こちらのブログのメンテナンスがありまして、その後なぜかログインできない日々が続いていましたたらーっ(汗)
やっと開けたのですが、何を書こうとしていたのか忘れてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

「忘れる」といえば、人の記憶は不思議なものだと、ほとほと思います。
嫌な出来事は何十年も忘れないでいて、そのくせ人からしてもらったことはきれいに忘れてしまったりします。
その逆も、あるのですけどね。
うまいようにコントロールするのはなかなか難しいものです。

忘れない、ということは、何か理由があるのではないかな、と思ったりもします。
うらみ、というか執着、というか。。
抑えこんでしまって処理できないことが保留になっているのではないかな、と思うんです。

その時々でぱーっと出しちゃって、きれいさっぱり忘れる、ということができればいいのですけれど、防衛本能みたいなものが働いてその場で出せないことが現実には沢山あります。

そうした未処理の感情を何年も持っていると、オモリみたいになっていて、もう終わったことなのに「今」の自分を苦しめたりします。

オモリを手放すことができると、ふーっと軽くなってすごく楽になれたりします。そのためのお手伝いをして、そんな瞬間に立ち会えることが自分の幸せのような気がしますドコモ提供



今日から6月。今年ももう半分近くになりました。盛岡は晴れていて気持ちのよいお天気です。
今夜は満月です。美しい月に会えますように満月
posted by サトウマリコ at 10:47| Comment(0) | 日記

2007年05月23日

新緑

0520sinryoku.jpg

新緑が目に優しい季節になりました。

この頃、パソコンに向かったり、本を読む時間が長いせいか目がしょぼしょぼしますふらふら
そんな私に優しい緑。

今日、朝の散歩でたまたま信号待ちで交差点に立っていたら、大きな木が目に飛び込んできました。
いつも見ているはずの木なのですが、今日はずいぶん大きく見えました。
あの葉っぱから酸素が出ていたり、あの枝の中に鳥が止まっていたり、小さな生き物がくっついていたり、日陰をつくって、風を受け止めて…木は動かないけれど、実はそこにあるだけでいろんなことをしてくれているんでしょうね。ふとそんなことを考えてしまいました。

そういえば、こんな話を聞いたことがあります。

「植物は、与えられた場所で生きるしかない。
動物は、気候や環境が変われば、場所を求めて移動することができる。
人間は、住みにくい環境だったら、移動することもできるし、住みやすい環境をつくることもできる。」

人間のほうが選択肢は多くあるような気がするのに、時として動物や植物のほうが強く感じることがあるのは、なぜでしょうね。。
posted by サトウマリコ at 21:55| Comment(0) | 日記

2007年04月16日

セルフ・カウンセリング

いろんなことが落ち着いてきたら、少しずつ、小さくても良いからワークショップをやりたいなあ、と思っています。
「やりたいこと」、そして「自分ができること」を焦らずに積み重ねていきたいな、と。

…ですが、実際は結構焦っていますたらーっ(汗)
「やりたいこと」の量と「できること」のスピードが合っていないのかもしれません。

そんなやりたいことのうちのひとつに、「セルフ・カウンセリング」というものがあります。ネーミングは、改めて考える予定ですが、つまり自分で自分の悩みを解決するための「コツ」を、誰でも使えるように何かの形にまとめたいな、と以前から思っていたのです。

…が、頭の中を駆け巡るだけで、なかなか手をつけられずにいました。

ところで、カウンセラーという仕事をしている私に対して、「自分が悩んだ時はどうするの?」という質問を受けたことが何度かあります。

どうするの、という問いには、「なるべくベストの状態でカウンセリングに臨めるように、コンディションを整えています」と答えてしまうことが多いです。実際のところ、カウンセラーになる前、正確にいうと、臨床心理学を勉強する前と今では、悩み方が格段に違います。
悩みの量も、悩んでいる時間も、かなり少なくなりました。

とはいうものの、全く悩みがないわけではないです。
悩みはないに越したことはないかもしれませんが、悩みがあってこその人生、とも思える気がします。。

で、、今日は結構悩んだ日でした。
そんな自分に、心の中でいろんな質問を問いかけてみますが、どうもすっきりしません。
セルフカウンセリングのシートを作っておけば、こんな時、実践してみて試せるのにな〜なんて思いましたが、それも無いし。。

でも、おかげで悩んでいる時の気持ちをよーく感じることができました。
そして私が相談する立場だったら、こんなふうにしてほしい…というアイディアがむくむくと沸き起こってきたのです。。
そしてまた、カウンセリングの仕事で「やりたいこと」が増えていくのでした
猫



posted by サトウマリコ at 23:07| Comment(0) | 日記

2007年04月05日

春の星空

当たり前のことのようですが、どんなふうに過ごしていたとしても、確実に時が過ぎ、月日が過ぎていきます。

いくら今が幸せでも、ずっとそれが続くとは限らないですね。同じ幸せでもちょっとずつその形は変わるかもしれないですし。
いくら今が苦しくても、それでも時は過ぎていきます。それは楽しい時に比べると随分長く感じるかもしれませんが。。

なぜこんなことを考えたかというと、しばらく星空を見上げる機会がなかったのですが、昨日久し振りに見上げたのです。夜空に光る星をぴかぴか(新しい)買い物途中の小道を歩いていると、オリオン座がまるで隣についてくるように南の空に貼りついていました。

この時刻にこの高さにオリオン座が見えるようになったということは……。
もうすぐお別れの時かもしれませんドコモ提供

気づかないうちに多分オリオンには会えなくなっているんだろうな。
そしてまた半年経ったら、オリオン座を見上げて冬の訪れを確認するのかな。

そう考えると、あっという間のような気がします。
今度オリオン座に会う時までになりたい自分を描かなくては夜

皆さんは新年度の目標は決まっているのでしょうか。
環境が変わった方、あまり変わっていない方、いろいろな思いを抱きながら同じ星空を眺めているのかもしれませんね。
posted by サトウマリコ at 22:31| Comment(0) | 日記

2007年03月24日

まだ途中です。。

HPをリニューアルしようと思いたったのは…かなり前です。
手をつけたのは数日前です。
全面的にプロの方にお願いしようと思っていたのですが、諸事情がありドコモポイントできるところまでは自分でやろうということになりました。。
いろいろ確認するために仮アップしてみました。
完成するのは、もう少し先になります。

不具合ありましたら、お知らせください。
(ここまでくるのに、すでに不具合だらけでした…)

久し振りにパソコンにはりついてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
そろそろ気分転換しなくては。。

春に向けて気持ちもリニューアルしたいものです
ぴかぴか(新しい)
posted by サトウマリコ at 17:42| Comment(0) | 日記

2007年03月22日

おやつ

0322choco.jpg
年度末でお忙しくしている方も多いのではないでしょうか。
少なくとも私の周りにはそんな方が多いのです目

年度替りで仕事が忙しかったり、転勤が決まったり、引越ししなければならなかったり、新しい仕事を見つけたり…身近な人が忙しそうにしていますドコモポイント

私はそんな中、マイペースといえばマイペースで仕事をさせていただいているのですが。。
時期的にいつもよりデスクワークが多いのです。
なぜか机の上に資料やファイルが増えていきますたらーっ(汗)

そしてふと気がつくと。。。
おやつの量が増えたかもファーストフード
考え事しているとつい食べてしまうというか、行き詰まると気分転換のつもりで手が伸びてしまいます。。
最近、そういうちょっと「雑」な気分で食べていることに気がつきました。

…仕事柄、つい自分のそういった行動も分析したくなってしまいます。が、あまり深く考えるのはよそう、、と思いつつちょっと体重計が気になってきたこの頃です猫
posted by サトウマリコ at 20:02| Comment(0) | 日記