2013年06月25日

セラフィのカウンセリング

■セラフィのカウンセリング

カウンセリングのスタイルは、カウンセラーによって違いがあります。
それは、各々のカウンセラーが拠って立つバックボーンが様々だからです。
中には、お医者様のような雰囲気のカウンセラー、教師のような雰囲気のカウンセラーもいらっしゃるかもしれません。

また、カウンセリングは人間関係ですので、カウンセラー個人の持つ雰囲気や相性によっても、来談者が捉える感じ方は違ってくるものです。

「盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ」では、次のようなカウンセリングを目指しています。

・来談者が打ち解けて自由に相談できる雰囲気
・来談者自身が最終的に納得できる解決方法に辿り着くこと
・問題に陥りやすい思考方法を来談者自身が変えられるようになること

そのためにカウンセラーは次のことを大切にしています。

・来談者と対等なポジションでいること
・適切な状況において、心理テスト、心理療法を用いること
・カウンセリングにおいては、常に来談者が中心であること


■心理療法

セラフィでは、相談内容や来談者の状況に合わせ、以下の心理療法を取り入れたり、心理療法のエッセンスを組み合わせたカウンセリングを行うことで、問題の解決に役立てます。

・ カウンセリング(来談者中心療法)
・ 交流分析
・ リラクセーション
・ 自律訓練法
・ 認知療法
・ フォーカシング
・ アサーション・トレーニング
・ 再決断療法
・ 芸術療法(コラージュ創作、アート作品制作)
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *心理カウンセリングとは

2013年06月24日

カウンセリングの流れとメリット

■カウンセリングの流れ

<はじめて来談された日>
・最初にセラフィの利用方法についてご説明し、利用申込書を記入していただきます。
ご利用にあたっては、本名・ご連絡先などをお伺いしますが、ご本人の承諾なしに個人情報・ご相談内容・来談の事実を遺漏することはございません。安心してご相談ください。
・ご相談内容をお聴きします。じっくりとお話をお伺いし、初対面での緊張をほぐしていきます。
・ご相談の解決に向けて、ご提案したり、今後の面談方針などについて決めていきます。場合によっては、初回はお話をお聴きするだけになることもあります。また、初回のみで一旦解決することもあります。

<2回目以降>
・初めに、前回からの間にあった出来事をお聴きしたり、その日話すことの確認をしたりします。
・各種心理療法を用いる場合は、2回目か3回目以降になります。


■カウンセリングを受けるメリット

カウンセリングを受けるメリットとして、

・親しい間柄ではないからこそ、本音を吐き出せる(愚痴、嘆き、悲しみ…)
・自分が必要とする時に、自分のことを話せる時間を確保できる
・相手に遠慮せず、心置きなく自分のことを話せる
・相手の主観によるアドバイスに、むやみに振り回されることがない
・善悪や法的な判断による解決ではなく、心理的な解決を目指す
・問題の解決に向けて、さまざまな角度から取り組むことができる

などがあります。

「身近な人に相談する」・「相談機関を利用する」場合と「カウンセリングを受ける」こととの違いを例をあげてご説明します。

<相談の例>
相談者:
「実は、離婚を考えているんだよね……」
回答者:
「もう少し夫婦で話し合みてたほうがいいと思いますよ」「経済的なことを考えて、多少は我慢することも必要ですよ」「思い切って独立するほうが、幸せになれますよ」など、最終的に回答者が自分の考えをまとめてアドバイスとして伝えることが多い。

<カウンセリングの例>
来談者:
「離婚を考えているのですが……」
カウンセラー:
「今何が問題になっているのか、もう少し詳しく教えていただけますか」 「迷っているのは、あなたの中にどんな気持ちがあるのかゆっくり話していただけますか」など、最終的に来談者が自分の持っている答えをはっきりさせられる(時には「はっきりさせない」という答えが出ることもあります)ような、質問や技法を使って接していくことが多い。


短時間で回答者が結論を出してくれる、あるいは導いてくれる「相談」は、ひとつの参考として、とても助けになる場合があります。
また、行政サービスや法律問題・福祉関係の困りごとなど、すぐにでも社会資源を利用することで問題解決を図りたいと考えていらっしゃる方は、各種相談機関を利用されることが適していると思われます。

「心理カウンセリング」は、自分の無意識の部分を探っていくようなものですので、時間がかかる場合もあります。しかし、自分で気づき、自分で出した結論はその後の人生において長く心に留まり、一生を通して自分自身の支えとなっていきます。

カウンセラーは、なるべくニュートラルな態度でおりますので、親しい友達のように温かく励ますばかりではありませんし、親のように指示することもあまりありません。
カウンセリングルームで向き合うのは、自分自身なのだと思います。
自分と正面から向き合うことは、場合によっては、辛く、エネルギーのいることでもあります。
ですので、カウンセリングに行こう、という決意した時点で、大きく前進したことになるのです。
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *心理カウンセリングとは

2013年06月23日

こんな時にご利用ください

■こんな時にカウンセリングをご利用ください。


<話を聴いてほしい>
 日々生活をしていると、思わぬ出来事にあったり、気持ちの整理がつけられない状態に陥ることがあります。お話を聴く専門家、心理カウンセラーがじっくりとあなたのお話に耳を傾けます。秘密は厳守されます。

<マイナスの感情にとらわれている>
 自分では原因がわからない、またはひとつに絞れないけれど、日常生活を送る中で、不安、緊張、落ち込み、苛立ち、孤独感などマイナスの感情にとらわれていませんか? 日常生活は送れているけれど、いつも「心が晴れない」・「自分に自信が持てない」といった感覚を抱えていませんか?
心の専門家にお話をしながら、少しずつ改善に向けて一緒に取り組んでいきましょう。

<恋人や夫婦のコミュニケーションに問題がある>
 離れればすむけれど、どうしたらいいのかわからない。できれば関係を修復したい。別れるかどうか迷っている。愚痴を聞いてもらって気持ちの安定を図りたい。など、ひとりで悩まずに、まずはご相談ください。カウンセリングを受けることにより、客観的な見方ができるようになる、ヒントを得られるなど、一歩前に進むためのお手伝いをします。

<体の症状がつらい。精神的なことと関係があると感じている>
 なんとなく体調がすぐれない。よく眠れない。肩こりや頭痛などが頻繁にありストレスのせいと感じている。など、身体的な病気ではないけれど不調が続く場合、心の状態が影響していることも考えられます。お心当りのことについて、じっくりお話を伺いながら、必要な心理療法を用いて、改善に向けてお手伝いします。

<うつのような状態から抜け出したい>
 個人個人のお話を伺い、思考の癖や生活パターンに焦点を当てていき、心理療法などを用いながら、のぞましい状態になるようお手伝いします。

<親子のわだかまりについて>
 自分の性格について、幼少期の環境から影響を受けていると考えている方。現在の親との関係、子どもとの関係になんらかの不調和を感じている方。現在の問題と、過去、未来の時間軸を意識しながら、お話をじっくり伺い、気持ちの整理をしたり、心理療法のアプローチを用い、問題解決に向けてお手伝いします。 

<いろいろな症状が行動を制限している>
 特定の状況や場所などに対し、不安感や恐怖感を感じる。確認行為が止められず、生活に支障を来たしている。そのような症状の改善に向けてお手伝いします。

<死別・離別(ペットロスを含む)の苦しみをやわらげたい>
 「気持ちをやわらげること」と「忘れること」は同じではありません。あなたが未来に向けて生きていきやすくなるために、あなたのペースに合わせてお話を聴かせていただきます。

<弱い面を克服し、もっと成果をあげたい>
 仕事・勉強・スポーツなどで、やる気はあるのに、うまくいかない。カウンセラーが状況をしっかり伺い、心理療法等を用いながら、目標を達成するお手伝いをします。



※ 利用申込みをお受けできない場合があります
・心理カウンセリングよりも病院での治療が適切または優先されると考えられる方、症状等により一般的な約束事(来談時間、予約システム、危険なふるまいなど)を守ることができず、カウンセリングを受けることに支障があると判断される方は、その時点でその旨お伝えさせていただき、以降のカウンセリングをお受けできない場合がございますのでご了承ください。
・医療行為ではありませんので、病名の診断はできません。
・子どもさんの発達障害・学習障害などに関する専門相談・教育相談はお受けしておりません。
・第三者が「性格を変えてほしい」「○○を治してほしい」という理由で申し込まれ、ご本人がそれを望んでいない場合もしくは心理カウンセリングを受ける意欲がない場合、カウンセリングが成り立たない場合がありますので、ご家族や周囲の方が申し込まれる場合は、ご本人とよくご相談の上、ご判断ください。
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *心理カウンセリングとは

2013年06月20日

カウンセリングの様子

■カウンセリングの様子


<カウンセリングってどんなことするの?>
実際にカウンセリングルームでどんなことをするのかは・・・、実は決まっていません。
おひとりおひとりの悩みや目的が同じではないからです。

初めてのカウンセリングは、緊張することもあるかもしれません。
カウンセリングのイメージをつかんでいただくために、いくつか例をご紹介します。
(注:下の例はカウンセリングの雰囲気をつかんでいただくためのものであり、
特定の方の実例ではありません。)


○A子さんの場合(人間関係の悩みや将来についての不安)

A子さんは、この頃なんだか憂鬱な気分が続いています。最初は気にしていませんでしたが、何をやってもなんとなく億劫で、元気がでない感じがします。
体の調子は少しだるいような気もしましたが、病院へ行くほどとも考えられず、モヤモヤとした気分でいたところ、友達から「カウンセリングを受けてみるのもいいかも」とアドバイスされました。

思い切って電話で予約し、約束の日時にカウンセリングルームに行ってみると、カウンセラーさんが出迎えてくれました。なんとなく話しやすそうな雰囲気です。

カウンセラーさんの語りかけに対し、ぽつぽつとこれまでのことを説明しました。
「(こんなことで相談に来るのは、おかしいかな)」と内心思っていましたが、カウンセラーさんはA子さんにもう少し詳しく「モヤモヤとした気分」について話すように促します。
カウンセラーさんがうなずいたり相槌を打ってくれたりしながら真剣に聞いてくれるので、だんだん気持ちも落ち着き、ゆったりとした気分で話をすることができました。

とりとめなく話をしながら、あっという間に時間が過ぎていきましたが、終わりに近づいた頃、カウンセラーさんが少し話を整理してくれました。
自分では気がついていませんでしたが、A子さんには今、職場の人間関係や友人のこと、将来のことなど、気になる心配事が自分でも意外なくらい沢山あることがわかりました。

「そんなに抱えているのでは、元気もでてこないよね。じゃあ、これから、一番困っていることから順番に、ひとつひとつ解決していこうね」
その日はそこまでで終わりましたが、帰り道、なんだか胸がすっとしたように楽になっていることに気がつきました。

それからは、2週間に一度、カウンセリングを受けに行って、ひとつひとつの問題について、またゆっくりと話を聞いてもらい、どんなことをすれば問題が解決するのか、A子さん自身が納得できる答えをカウンセラーさんと一緒に探していきました。
時にはうまく解決しないこともありましたが、次にそれを報告すると「じゃあ、別な方法を探してみましょう。きっと方法がありますよ」とカウンセラーさんが言ってくれたので、随分気持ちの支えになりました。

A子さんは、5回の面談を終えたところで、今抱えている問題について区切りがついたような気がしたので、そこで一旦終了することになりました。
今はすっかり憂鬱な気分は消えて、目標に向かって明るい気持ちで毎日を過ごせています。
もしも、また気持ちが落ち着かなくなることがあったら、その時は気軽にカウンセリングを受けようと思っています。



○B子さんの場合(恋愛についての悩み)

B子さんは、30歳で独身。付き合っている彼がいますが、その彼のことで悩んでいました。
年齢からいって正直結婚を焦っていましたが、同い年の彼はなかなか腰が上がらない様子。
けれども、自分から言い出して彼の気持ちを損ねてしまうのも怖いのです。

もう結婚して忙しくしている友人に相談するのも気がのらず、かといって自分ではどうしていいかわからなくなって、カウンセリングを受けてみることにしました。

じっくりとカウンセラーさんと話をしていくうちに、実はB子さんの気持ちの中に、結婚に対するマイナスのイメージがあることがわかってきました。どうやら、結婚の話がなかなか進まないのは、自分自身にも原因があったようです。

そして、更に、カウンセラーさんの誘導で何故自分が結婚にマイナスイメージをもっているのか、なんとなくわかったような気がしました。
それから今度は、今付き合っている彼とどんな関係を築くことができれば、結婚が怖くなくなるのか、具体的にイメージをしていく作業をしてみました。

90分の面談でしたが、帰り道、B子さんはカウンセリングを受ける前とは違った感覚を持っていることに気がつきました。
それまでは、結婚のことばかりが気になって、彼に対しても「結婚についてどう考えているのか」という疑心暗鬼のような気持ちで接していたのですが、これからは「よいパートナーとしてどんなふうに付き合っていくか」素直な気持ちで接していこうという感覚が湧いてきたのです。
そして、結婚についてもいつか自然に話してみよう、と思っています。



○C子さんの場合(特定の場面で緊張してしまう悩み)

C子さんは、20代の会社員、休日には趣味のテニスやドライブなどに出かけるアウトドア派です。
そのC子さんには、ひとつコンプレクスがありました。
それは、会社でのミーティングやプレゼンテーションなど、人数の多少に関わらず、人前に出ると極度に緊張してしまうことです。

声が震えるのはもちろんですが、それを意識しはじめると、会議などが始まる前からお腹が痛くなったり、異常に喉が渇いたり、ひどい時には前の晩一睡もできないことがありました。

そんなある日、友人から勧められ、思い切ってカウンセリングを受けてみることにしました。
カウンセラーさんは、じっくりとC子さんの話を聞き、これまで苦労してきたことに対して「大変だったでしょう」と慰めてくれました。そんなことを言ってもらったのは初めてで、C子さんは少しだけ気持ちがやわらいだ気がしました。

それから、カウンセラーさんと二人で「どんな場面でより緊張するか」、具体的に順番をつけて整理してみました。
更に、カウンセラーさんの誘導で、C子さんがリラックスしている時の体の感覚をイメージしてみることになりました。C子さんは、ドライブに行った先で、きれいな海を眺めた時のことを思い出しながら、その感覚をイメージしてみました。
その後、先ほど話し合った中で、一番緊張度の低い場面とリラックスの感覚を交互にイメージしていきました。

その日はそこまでで終わり、会社に行ってもすぐに症状が消えたわけではありませんでしたが、なんとなく「練習すれば症状を軽くできるかもしれない」という自信のようなものが湧いてきました。
それから、自分でも通勤電車の中や夜眠る前に、カウンセラーさんに教えられたやり方で練習したり、たまにカウンセリングを受けて、普段の様子を報告しながら練習を重ねていきました。

半年ほど経った今は、人前に出ても、軽く汗をかくだけで前ほど極度に緊張することはなくなりました。
気持ちの問題だと思っていたのですが、何度も繰り返して体で覚えることで症状を改善することができ、驚きと喜びを感じています。
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *心理カウンセリングとは