2014年04月25日

カスタマイズ

4月になって、年度が替わり、仕事の体制が少し変わったのと、何より、独立と同時に購入したノートパソコン(メモリ不足で毎日火を噴きそうなほど熱くなるのをなだめながら使っていた)を、ついにメンテナンス終了のため変えざるを得なくなり、ここひと月ほど何をしていたかというと、

モノとしての仕事道具の整理、そして、パソコンのセットアップから、使えなくなったソフトを考慮してのいろいろな作業。

を、ぼちぼち進めていました。

若干面倒ではありますが、いらなくなったものを捨てたり、不慣れだけど新しい便利な機能に助けられたり、とよいことも多いので、よいのですけどね。

実は、このブログも、ちょこちょこ変えていました。
ホームページに寄っていただかなくても、情報はそろっていたほうがいいなあ、と今更気づき、カテゴリを増やしたり並べ替えたり、日付を遡って新規投稿したり、とまだまだですが、より見やすくしていければと思っています。


ところで、体はそのままに中身が入れ替わる、という映画やドラマがありますが、昔、こんなことを考えたことがあります。
「もしも、自分の肉体はそのままだけれど、中身が別人になったら、きっと気持ちの持ちようが違うだろうから、筋肉の使い方(表情や姿勢)も変わるだろう。そうしたら、同じ体でも、もっと美人に見えたり、逆の場合もあるのだろうか?」と。。

なぜ、こんなことを思い出したかというと、要は、私たち人間は、親からいただいた体を、生まれた瞬間から「自分流」にカスタマイズしているのではないかなあ、と思ったからです。

どんなに、育った環境の影響を受けていたとしても、どこかに「自分流」は入ってくると思うのです。

ただ、パソコンや何か他の物のように、思い立ったらイメージ通りにカスタマイズできるかというと、難しいですね。

カウンセリングをしていると、どうカスタマイズするか、あるいは、これ以上カスタマイズする必要があるのかどうか、そんな相談をしている気持ちになる時があります。
きっと、「自分はこうよ!」としっくりきている時は、気持ち楽だったり、うきうきしたりするのではないでしょうか。


そんな私は、最近、体のサイズのカスタマイズが全く思うようにいかず、悩ましい日々を送っているのでした。



posted by サトウマリコ at 19:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。