2013年06月19日

カウンセラー紹介

佐藤真理子
satou21.jpg
心理カウンセラー・心理療法士

(資格)
特定非営利活動法人日本臨床心理カウンセリング協会
臨床会員/認定臨床心理療法士・認定臨床心理カウンセラー

色彩心理カウンセラー
色彩アートセラピスト
2級色彩コーディネーター(色彩検定2級)
センセーションカラーセラピー・ティーチャー
親業訓練講座一般講座修了
盛岡市生涯学習指導者

(経歴)
1970年生まれ。
長年にに渡り、地方自治体(教育行政)に勤務した後、退職。
専門機関にて心理カウンセラー、心理療法士の資格取得後、岩手県盛岡市内にて、2006年より心理カウンセラーとして活動を開始。
数千件を超えるカウンセリングのほか、企業や官公庁、また自主開催による心理学関係のワークショップなどの活動を続けている。
心理カウンセリングにおいては、クライエントのニーズに応じて様々な心理療法を用いている。
コラージュや色彩表現などによる心理療法の経験も豊富。
2011年以降、心理カウンセリング活動の傍ら、NPO活動支援、男女共同参画事業、相談事業に携わる経験を持ち、より多角的な心のケアに取り組んでいる。

(専門分野)
女性の職場環境、対人関係(性格の悩み)、夫婦関係、恋愛、うつ状態、不登校など

(最近の講座履歴)
2012年、2013年 盛岡市中高年齢者勤労福祉施設 サンライフ盛岡主催
            「心をラクにする心理学講座」
2013年、2014年 盛岡市キャリアアップ支援講座
            「仕事に活かす心理学講座」

その他、企業、官公庁における傾聴・カウンセリング講座、コミュニケーションスキル講座、一般向けの心理学講座など。


(心理カウンセリングへの想い)
公務員をしていた頃、縁があって、社会人向けの専門機関で心理カウンセリングを学びました。
学びを深めるにつれ、これまで、自分が人生の折々に深く悩んだ時に、必要としていたのは「心理カウンセリング」という、専門家による環境と技術に守られながら、自分自身の心と向き合う時間と空間だったのだと気づきました。
同時に、自分自身がその専門家として心理カウンセリングに携わることは、たとえどんな形態であろうと(兼職、ボランティア、営利、非営利、個人、団体関わらず)自然なことのように思えました。

実際に、カウンセリングルームを立ち上げてみると、思いのほか、一般の方が「カウンセリング」を受けるということに敷居の高さを感じていることがわかりました。しかし、受けた方からは、もっと早くくればよかった、という声を沢山いただきました。病院でもなく、行政機関でもない「心理カウンセリングルーム」の需要が確かにあることを実感する日々です。

医療行為としての治療が必要な場合は、カウンセリングとの相性については、ご相談します。
ただ、症状のあるなしの境目は気にせずに、身近なものとしてカウンセリングを利用していただけたら、と思います。

たとえば、1カ月前まで、何も支障なく「普通に」職場に通っていた、「当たり前の」家庭生活を送っていた……そんな方でも、もし一人で思いつめるほど、気持ちのことやコミュニケーションのことで悩んでしまったら、声をかけてください。

そして、早い時期にエネルギーを取り戻し、豊かな気持ちで毎日を送っていただくこと、その力を誰かや社会に還元していただけることを心から願っています。


盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ
代表 佐藤真理子


posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *セラフィの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。