2013年06月22日

「盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ」の紹介

「すべての人が、必要な時に、身近なものとして心理学的援助を受けることができ、活力を持ち続けられること、そして活力のある社会が構築されること」を理念として、2006年に心理カウンセリングをサービスの中心として開設いたしました。

数千件を超える個人セッション、官公庁・企業・団体様にお声をかけていただいてのカウンセリング関連講座の開催、自主開催ワークショップなど、この社会の中では微力かもしれませんが、理念をまっとうするため邁進してまいりました。

運営上の都合により、カウンセリングルームを数回移動するなど、長く利用してくださっている方には、ご不便をおかけしたにも関わらず、ご縁が続いていることに感謝申し上げます。

今現在も、代表である私が、専門機関での相談業務を兼務しているため、個人セッションを行う体制を整えるのには今しばらく時間を頂戴するという過渡期にあります。

東日本大震災を経て、各種相談の窓口は格段に増えたように思います。
しかし、変わらず、医療と行政の狭間にある、専門スキルを持つ心理カウンセリングルームの必要性も決して小さくはないと感じています。

社会の流れの中で、サービスの「形」が変わることはあっても、軸はぶれることなく、進んでいきたいと思っております。
みなさまの身近なところで、心のケアを提供できますよう、可能なことから取り組んでまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2013.6.22
盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ
代表     佐藤 真理子


 
2013.10.31追記
2013年11月から、公共施設にて、「心理カウンセリング」と「色彩心理カウンセリング」のサービスを開始することとなりました。
当分の間、受付曜日、条件、料金など暫定的なものになりますことをご了承いただければと思います。

2014.3.17追記
2014年4月から、これまで「色彩心理サービス部門」として活動してきた事業について、「ハートフルカラー セラフィ」の名称を主催団体名として使用し実施することといたしました。
「盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ」は、全体を含めた名称として使用し、これまでと変わりなく活動を続けていきます。


posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *セラフィの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。