2012年09月23日

新しい手帳

P9230074.JPG

もう5年も同じシリーズの手帳を使っていたのですが、思い切って<変化>をつけてみました。
同じシリーズなのですが、ひと回り大きいサイズが出ているのを発見したのです。

用事があって、市内の文具店に行った時、偶然発見したものです。
いろいろなものがインターネットで手に入る便利な時代になりましたが、実際に商品を手に取ってわかることもあるのですね。

各階を見て回っているうちに、手帳のコーナーに辿り着きました。
そういえば誰かが「もう来年の手帳が出ているのよ!」と言っていたのを思い出し、見てみると、いつも手に入れるのに苦労する愛用の手帳がありました。

昔、赤い皮のシステム手帳を持ち、長く使い込もう、と思った時もあったのですが、3年ほどでやめてしまったように思います。

一番の理由は、案外厚みがありカバンの中でかさばる感じがしたから、だったと思います。

それで、最近愛用している手帳のポイントを、
・薄さ
・最低限の必要なデータ(地下鉄の路線図など)がある
・好みのデザインであること
・メモ用紙としてその場で誰かに渡せるように、切り取り線が入っているページがあること
として、選んでいたのです。

これらをクリアしているものが他になく、結構こだわっていたのですが、今回、同じシリーズとはいえ、久しぶりに変えました。

新しい手帳にして得たものは、「大きさ」と「余分なページ」です。月と月の間に見開きで自由にかけるページがあるので、結構な量、好きなことをメモできそうです。

何か大事なことが頭をよぎる時、大抵何かをしている時だったりします。
(お風呂や、運転や、歩いている時とか…)
そして、それは結局忘れてしまうので、「もったいないなあ」と思うことが最近多かったのです。

果たして、これから、新しい手帳になったら、わざわざ取り出してメモできるのか、ちょっと不安ではあるけれど、試してみようと思います。
そうすると、ブログの更新も増えるかもしれない…ですし。


でも、それと引き換えに失ったものは、「切り取れるページ」でした。
ここは、結構重要なポイントだったのですが……。代わりに小さなカードを挟んでおくなどして、対策を練ろうと思います。


もうすぐ、9月が終わるのですね。
これも初めてですが、手帳は「10月始まり」になっているので、いつもは1月に手帳を換えていましたが、今年は、<心機一転>を早めに、10月から使ってみようかな、と思います。


posted by サトウマリコ at 17:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。