2012年05月01日

夜の桜

201205sakura.jpg

5月になりました。

北日本もここ1週間ほどで急に暑くなり、一気に季節が変わったような気がします。
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。


私は、自分自身の変化もあり、身の周りの変化もあったほうではないかと思います。そんな毎日を過ごすなかで、ほっとしたり、急に部屋の片づけをしたくなったり、時には怒りにふるえることも、悔しくて泣いたこともあり……けっこう、最近にしては珍しく、感情の揺れが大きい時期でした。

心理学を習った当初から、それまでに比べて「楽に過ごせるようになった」と感じていました。
今回もまた、更に以前との違いを感じています。

内面から湧き出てくるような、大きな怒りや悲しみといったものに出会った時、以前の自分は、その感情を引き起こした相手について考えることが多かったと思います。ほとんどがそうだったかもしれません。
「なぜ、こうしてくれなかったの」
「なぜ、そんなことをいうの」
といった調子です。

ここ最近のある出来事で、私は感情を少し乱すことになってしまったわけですが、相手がどうなのか、ということよりも、相手の言葉や態度に反応する自分の心を見つめようとしていることに気がついています。

こういう時…大きく感情を乱される時というのは、冷静に自分を見ることは簡単ではありません。
だから、ちょっと気持ちの修正には時間がかかっています。

ちなみに何か人間関係のトラブルがあった、というようなことではなく、ふとしたことで、昔の嫌な感情が甦った、という感覚です。

自分が一番、どの部分にこだわっているのか。
満たされない感情は何なのか。

それを丁寧に見つめていきます。

次のステップとして最近よく見かける心理的な解決法は、<未来に向って>「どうなりたいか」「どうすれば解決するのか」というアプローチです。
実際、私もカウンセリングをしていて「必要だ」というタイミングでは、そのような質問をクライエントさんにします。

でも、今回は少なくとも今はそれをする必要を感じていません。

その段階ではない、と感じるのがひとつと、何よりも、戻すことのできない過去のこと・変えることのできない相手を前に、まずは無力である自分を自覚しなければならない、と思うからです。

「哀しい」も「悔しい」も「怒り」も、全部自分が生み出した感情です。
周りで起きたことは、私を中心に起きたことではないのです。
私が自分を中心に考えた時に、そのような感情が生まれてきたのです。

だから、自分自身をじっと見つめなければならない、と考えるのです。

そこが、昔と変わったことです。

そして、心理学やカウンセリングは魔法ではない、このことも学んだ当初からわかっていた筈ですが、あらためて肝に銘じています。
最終的に、自分の心と向き合うのは自分なのだと思います。焦らず、少しずつでも、向き合っていくうちに光が見えてくるかもしれません。心も季節と同じように「変化」していくものだからです。

マイナスの感情を感じることで、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
けれども、時にそれはごく自然に起こることなのだとお伝えしたいこともあり、「わたしの内面」の話をしてみました。


そんな感じの今日この頃で、気分的にはあまりパワーが溢れているわけではないのですが、最近心がけているのは、一つひとつ身の回りのことを丁寧にやる、ということです。
忙しさに紛れてか、少し遠くに視点を置いていたせいなのか、モノも気持ちも丁寧に扱っていなかったような気がします。
最近は、目についたところを一日にひとつでもふたつでも片づけています。食べ物や物の整理など生活を丁寧にしていくと、気持ちも落ち着いてくるのは不思議なものですね。

写真の画像はかなり粗いですが、夜の桜と月です。
posted by サトウマリコ at 23:04| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
佐藤先生お元気ですか?二年前の苦しい時にカウンセリングの門を叩いたものです。昨年単身赴任で隣県に転勤し、環境も変わりましたが、なんとかうまくやっております。転勤もそうでしたが、先生のおっしゃる通りに、目の前の一つ一つをコツコツとこなし、目の前の感情的な出来事、辛いことには慌てず、冷静に、少しはなれるようになったかなぁと考えております。仕事の環境は、お客様あってのことなので中々思うようには行きませんが、オフの時には赴任先のいいもの、良いところ、探して楽しむようにしてます。ウォーキングをずっとしておりますが、今この時期道端や、他のお家の庭先の素敵な花をみて癒されております。人間の心理は奥深いものだなぁと感じます。感情的になったり、綺麗なものに癒されたり、身体を動かしてリフレッシュしたり。普段毎日通ってる道でも、落ち着いてみると、こんなものもあったんだなぁと感心したりと、取り留めのないことを書きましたが、先生のブログ楽しみにしてますよ。季節の変わり目ですし、先生もお身体にご自愛ください。
Posted by やまっち at 2012年05月09日 23:23
やまっちさん

お久しぶりです。おかげさまで、元気にやっております。
やまっちさんは、単身赴任で隣県にいらっしゃるのですね。お仕事や生活面でいろいろな変化があったと思いますが、その中でも、良いことに目を向けていらっしゃるご様子、自然がお好きなやまっちさんの楽しんでいる姿が目に浮かぶようです。
仕事は、思うようにいかないことも多々あると思いますが、慌てず、冷静に…やまっちさんご自身でコツをつかんでいらっしゃるようですね。

最近は不安定な天気の日もありますが、道を歩くといろいろな花が目に入り、私も癒されています。あと、いつの間にか観葉植物の若葉が伸びていたり…生命のエネルギーのようなものに力をもらっています。

また是非、近況をお知らせいただけるのを楽しみにしています。
私も、ブログ、細々とですが、がんばります^^
やまっちさんもお体ご自愛くださいね。
Posted by サトウ at 2012年05月10日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。