2011年07月16日

否定力・肯定力

CIMG6385.JPG

「震災」という大きな出来事によって、以前は遠くに感じていたいろいろな出来事・物事を、我が事として引きつけて考えるようになった方は、もしかすると多いのではないでしょうか。

私もニュースなどはなるべく目にするように気をつけています。特に、目の前に困っている人がいる、という事実を知りながら、遅々として進まない(ように見える)議論を見ていると、もどかしい気持ちになります。
政治や行政などの動向や言論を知っては、憤る人を沢山目にします。
それだけ、目前にせまる「生活の課題」が現実的なので、真剣なのだと思います。

「支援」をめぐる民間の団体や活動も活発ですが、そこでもおそらく多くの議論や話し合いが行われていると思います。

今更ながら、「話し合い」というのは、どうすれば一番早く建設的に進むのだろうか、と考えてしまいます。

ほとんどの人は、小学校の時の「学級会」を初めとして、何らかの「話し合い」の場に出席したことがあると思います。

大人になるにつれて、子供の頃よりも「話し合い」が難しくなっているようなイメージがあります。


大人は、子供よりも沢山の体験をしていて、一人ひとりの意見のバックボーンの違いが広がっています。

大人は、子供よりも沢山の言葉の使い方を知っていて、言葉の裏に別の意味があることがあります。

大人は、子供よりも沢山の経験を経て、怖いものが増えたり、逆にどうすれば自分の意見を通せるかという知識も多くあります。

大人は、子供よりも、しがらみや責任がいつの間にか増えて、自分の思い以外のことにも気を配りながら、生きています。


皆がそうとは限りませんが、例えば、そんなことが「話し合い」を難しくしているような気がします。


とても大切な話し合いの場である「国会」というものがありますが、時々見ると、白熱しているのですが、何かを「否定」することにやっきになっている、と思うことがあります。
そしてその相手は「否定」されないために、沢山の予防線をはっているように思います。

そうすると、何かを作り出すための話し合いのスピードは少し落ちるような気がします。

違う意見をいちいち「否定」していたら切りがない。
だからただ、相手の意見を否定しないで、聴いていたらいいのに。聴いたあとで、自分の意見をいったらいいのに。そうして皆のいろんな意見を出し尽くして、それから、問題と解決方法を話し合ったらいいのに……、と思うのですが、それは難しいことなのでしょうか。


人間は、結構「否定」に弱いです。
それが怖くて、それを避けるように行動したり、一度否定されたらなかなか立ち上がれなかったりします。

そして人間は、否定に弱いと同時に、簡単に自分や他人を否定してしまえるものだ、とも思います。

私も気づかないうちに、他人を否定してきたと思います。
今でも自分が真剣に向き合っているものだからこそ、自分とは考え方の違う他人を否定する、という気持ちになることがあります。

「それが人間だ」と肯定しつつ、「肯定された時の人間は、かなり力が湧く」とも思っていますので、もっと自分や他人を肯定しながら、持てる力をちゃんと使いたいと思います。そして、底力の出せる集団が増えていくように、と願っています。

「話し合い」についていえば、意見や考えが違うのは、当たり前。
相手の意見を黙って聞くのは、負けることではありません。
相手の意見を聞いて、自分の意見を言えばよいだけの話です。
違うからといって、焦って相手を否定しては、人間の英知という資源をひとつ無駄にする、そんな気がします。
posted by サトウマリコ at 15:29| Comment(2) | ココロ
この記事へのコメント
日本人は「建設的な話し合い」ほんとに下手ですね。
マイケル・サンダース教授に国会の議長をやってもらったらいいと思います。

封建時代はもとより、明治維新後も戦後もお上まかせの時代が長く、自分の意見を相手にわかるよう説得する力・聴く力が育ってない。

このマリコさんの素敵な文章、ツィッターやってる議員、知事や官邸ブログに送って読んでいただきたいものです。

良ければ転送します。(^_^;)
Posted by nyadame at 2011年07月18日 14:07
>nyadameさん

そうそう、白か黒かで闘うのではなく、いろいろな意見が出るその背景に着目してこそ問題点が見え、よりよい解決方法に結びつくのでは、と思うのです。
原稿ありきでなく、瞬時の判断力で本当の議論をしてほしいなあ、と国会を見ていると思います。

心理学を背景として、コミュニケーションについてはずっと考えてきたつもりでしたが、今回の震災後の様子を見るにつけ、もっともっと本気で「よいコミュニケーションをとる方法」について考えなければならないのでは?と思っています。

ツィッター……使いこなせてません(--)
文章、自分としては練り足りないところもありますが、おまかせします。よろしくお願いします。

Posted by サトウ at 2011年07月19日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。