2007年01月07日

あきらめない

昨日、やっとお正月の新聞(特別企画版)に目を通していると、コブクロの二人のインタビュー記事が載っていました。
その中で、いいなと思う言葉があったので、ご紹介します。

「あきらめるという選択肢を選ばずに走り続けてきました」(小渕)
というものです。

つまりそれは、「あきらめないで生きてきた」ということとイコールなのかもしれません。
でも、この少し回りくどい表現が、目の前に二つの選択肢―「あきらめる」「あきらめない」―が幾度もあったということをよりリアルに表しているように感じました。

きっと、いつもいつもすんなりと選べたのではなく、時には「究極の迷い」もあったのではないかと勝手に想像してしまいました。


生きていると、常にそういった選択を迫られるのではないかと思います。
「あきらめないで生きる」という言葉は格好いいかもしれませんが、「現実」を前にしては簡単なことではないかもしれません。

でも何をもって「あきらめる」と定義するのだろう、と私は思うことがあります。一見、人に「あきらめたんだ」と思われることでも、そうではない場合があるのではないでしょうか。
何かを「止める」イコール「あきらめる」ではないと思うのです。

撤退したように見えても、逆方向に進んでいるように見えても、心の中で「あきらめ」ないでいれば、それは、最後には「回り道」という言葉になるかもしれません。そして、回り道をしたからこそ辿りつける場所があるのではないでしょうか。

そしてもうひとつ。
自分が「あきらめ」たくないことは何なのか、迷った時はしっかりと確認してみることも大事かもしれません。
posted by サトウマリコ at 21:22| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。