2015年03月25日

新年度に向けて

10914244_791096410959156_783051480_n.jpg

セラフィを立ち上げたのは、2006年です。
このブログも引っ越しせずに使っているので、かいつまんででも流れを知っている方もいらっしゃると思いますし、初めてご覧になる方もいらっしゃると思います。

このところ、ホームページの更新もままならず、ブログでなんとか最新情報をお伝えする形をとってきまして、一時は新規の利用者様をお受けできない状況もありましたので、まずは私(佐藤)の近況と今後のサービスについて、おおまかですが説明していきたいと思います。(具体的なサービス内容や受付方法などは、ホームページやトップ記事をご覧ください)



まず近況からお話しますと、ここ数年の懸案だったことが少し整理できてすっきりしてきました。

心理カウンセリングの場を提供する、これだけのことをシンプルにやろうとして立ち上げ、その気持ちはずっと変わりがないのに、どうして紆余曲折があるのだろう、という想いも我ながらあるのですが、実際始めてみると、避けられない運営上の問題は多々ありました。問題というと少し大げさな表現になるかもしれませんが、あくまでも私自身が感じる問題、ということです。

心理カウンセリングの仕事から完全に離れる気持ちは一度も起きなかったのですが、ここ数年は実質的に減らさざるを得ない期間(他機関での相談業務との兼務など)がありました。
また気持ちが動かされるままアートセラピーについて学び、活動を積み上げてきました。

実は、今は少し「長いトンネルを抜けた気分」です。
ここ何年かでいろいろな経験をしながら学んだことを、更にカウンセリングに活かしていけるという気持ちがあります。

以前、自分の気持ちのメンテナンスのために大先輩の先生のカウンセリングを受けたことがありました。その先生は、私の話を聞いたあと「そのことは佐藤さんのカウンセリングにどんな影響があるの?」と質問され、その時からどんな経験も(マイナスの気持ちは特に)カウンセリングの役に立つのだということが意識づけられました。
この時以外にも、カウンセリングの師からおそらく一生忘れないだろう言葉をかけていただいてきました。
こんなに何年も心に残る言葉をかけてくださる先生はすごいな、と思います。

私は、まだまだ未熟なことも多いと思いますが、それでも何年かぶりに訪ねてくださる利用者の方が期間全体を通して一定数いらっしゃいます。信頼してくださっているのだと気持ちがあつくなります。

初めて申し込みをしてくださる方も含め、利用してくださる皆さまの気持ちにお応えするためにも、時間と場所の確保のためにどのような形を取るか、真剣に考えてきました。


今後、当面は専用ルームを持たず、会議室等を借りながら運営していこうと思います。すでにその形をとっており、メリットデメリットを大分確認できてきまして、今の自分としてはその形が一番よいようです。
転機が訪れた時は、また変わっていくかもしれません。

また、心理カウンセリング以外の心のケアの方法として、アートセラピーへの学びも深まってまいりました。
こちらも机上の理論ではなく、仲間とともに積極的に活動して、実際にお役に立てるような場の提供をしていきたいと考えています。

他に、個人としては、専門機関での相談業務や、市民講座などの講師活動にも引き続き携わっていきたいと思っています。
それぞれの機関の目的に合わせ、自分の力を注いでいきたいと思います。

時間的には、今後は心理カウンセリングがメインになるように配分していきます。

心理カウンセリングルーム以外の場所での人との関わりや仲間と共に活動することが、私という人間を成長させてくれ、またそれをカウンセリングに活かしていく、という<流れ>が私には必要なようです。

ここまでの環境を整えるのに支えてくださった関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。



随分と勝手なことばかり連ねました。
質のよいカウンセリングの提供を目指して、自分なりのベストを尽くしていきたいと思います。

ということで、ここでお話した内容が伝わるように、ホームページをリニューアルしました。

春は、環境の変化も多い時期です。
カウンセリングが必要だと思った時は、ぜひお声をかけてください。

私もゆっくりと始動していきます。
posted by サトウマリコ at 19:31| Comment(0) | 日記