2018年12月31日

2018年6月現在面談カウンセリング受付案内

(この記事は最上部に固定しています)
 
2018年6月現在のサービス内容です。
料金、場所、条件等は今後変更することがございますので、あらかじめご了承ください。

※現在、新規のお申し込みは、申込日から2週間前後、先になる場合があります。
また、土曜日は大変混みあっており、約1カ月先のご予約となる場合もあります。(日・月定休)


※8月1日(水)〜8月20日(月)まで、他業務のため、カウンセリングをお休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。


※ご予約希望日時について
予約日から近い日にちでは、空いていない場合があります。
具体的な日時の他に、「平日の18時以降」「土曜日の昼」などの条件も添えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。





【心理カウンセリング(面談)】

〜日常生活を送る中で感じる心の不調について、心理カウンセラーが
お話をお聴きし、必要に応じて心理療法を用いながら、改善に向けて
お手伝いします。また、不調と思われなくとも、今後の生活を向上
したい、仕事やスポーツのモチベーションアップやメンタル的な
サポートが必要だと感じる方もぜひご利用ください。〜 

(通院加療中でカウンセリングが適さないと判断される方、ご本人が
カウンセリングを希望されない場合は、お断りする場合があります)

                        
*料金*
60分 4,000円
90分 4,500円


*場所*
盛岡駅または仙北町駅周辺公共施設

*受付時間*
9:30〜21:00(最終開始時刻19:30)
月曜日・日曜日定休
カウンセラーの業務状況と会場予約の都合上、ご予約の日まで1週間〜2週間の間が空くことがありますので、予めご了承ください。

*その他*
対象:女性専門。
自分や家族に関することで気になること・悩みを持っている方、誰にも言えない気持ちを吐き出したい方、
よりよい人生に向かっていきたいとお考えの方、気になる症状などを改善したい方。


*必要に応じて用いる心理療法*
対話によるカウンセリング
交流分析
色彩心理・芸術療法を用いた分析
認知療法
自律訓練法
リラクセーション
EFT
催眠療法
ゲシュタルト療法
イメージ療法 他


*対応スタッフ* 心理カウンセラー 佐藤真理子


*ご利用方法*
完全予約制となっております。
「前日17時まで」にお申込みください。
施設予約の都合上、お早目のお申込みをお勧めいたします。

●メール受付(推奨)
パソコンの方は、

お申込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/KlfwHA7OVJKrxnTT/
が便利です。

またはseraph@seraphy-room.sakura.ne.jpまで「面談カウンセリング希望」のタイトルで
「お名前(本名)、ご住所、年齢、性別、日中連絡のつく電話番号、希望日時(第2か第3まで)、主な相談内容」をご連絡ください。


携帯メールの方は、
seraphyroom@docomo.ne.jpまで「面談カウンセリング希望」のタイトルで
「お名前(本名)、ご住所、年齢、性別、日中連絡のつく電話番号、希望日時(第2か第3まで)、主な相談内容」をご連絡ください。

できるだけ早く予約確認の返信をいたします(数時間〜半日以内)。 
24時間以内に返信がない場合は、何らかの理由でメールが届いていないことが
考えられますので、再度メールまたはお電話でお申込みください。

●電話受付 10:00〜19:00(TEL 080−8202−8013)
最初に、「面談カウンセリング希望」とお話ください。
業務中は電話にでられないことがあります。
その際は大変申し訳ございませんが、後ほどお掛け直しいただくか、
留守番電話にお名前とご用件、連絡先をお話ください。
後ほどこちらから個人名で掛け直しさせていただきます。

***
受付5分前から入室可、遅れて来られた方については、
予定時刻の15分すぎまで受付可能です。
それ以降に到着した場合は、再予約をお願いいたします。
キャンセルされる場合は、必ずご連絡をお願いします。

ご利用者さまの感想
http://satoblog.sblo.jp/category/576405-1.html

カウンセリングについて
http://satoblog.sblo.jp/category/3629894-1.html


盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ
ホームページ
http://seraphy-room.com

申込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/KlfwHA7OVJKrxnTT/
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *面談カウンセリングのご案内

2018年06月05日

女性のための心理学講座〜見つめてみよう自分のココロ〜

6月2日(土)、サンライフ盛岡さまにて講座を行ってまいりました。
201806024.JPG

この講座はサンライフ盛岡さまが主催の事業ですが、中身については、スタッフの方と相談しながら、基本的には私のほうで企画しています。

このところ、団体さまにお声をかけていただいての講座が増えてきていて、その都度、内容については出来るだけ事前にニーズをお伺いして考える、というパターンになっていました。

今回、いざ自分で自由に考えようと思うと、正直、以前より難しく感じてしまいました。

また、私はよくグループワークをしたり、会場とやりとりをして、双方向で行う講座を実践してきたのですが、今回のコンセプトは、「黙って座っていれば、カウンセリングを受けた気分になれる」にしてみました。

ただ講師の話を聴くだけなく、講座に参加している感覚を持っていただきたいですが、かといって、いきなり人前で話すのに抵抗を感じる方も多いことがわかってきたからです。

そんな条件の中で、私なりに工夫して、「双方向」の要素も入れながら、ゆったりと進めさせていただきました。

201806022.JPG

ご感想として「自分を客観的にみること、自分を否定せず受け止めてあげるということが、とても勉強になりました。日々の一人反省(否定)はやめようと思いました」「自分のココロをみつめかえすことで気持ちがスッキリ出来るんだと実感出来た」など、概ね好評いただけたようで嬉しいかぎりです。

今回、タイトルのみの告知で、参加者の方が結構集まってくださったので、秋にはまた同様のシリーズを進めてみようと考えています。

カウンセラーとしての経験で得たものを、多くの方に還元したい・・・そんな気持ちが高まっています。
今後も色々と工夫していきたいと思います。

ご参加くださった皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 23:09| Comment(0) | *講座

子育ち・親育ちサポートサロン(県南会場)

20180530kosodati.jpg

5月30日、一関市川崎市民センターにて、「見つめてみよう自分のキモチ。聴いてみよう子どものココロ。」と題しまして、講話を行ってまいりました。

昨年に引き続きのサロンですが、基本的な内容は変わらずとも、その日参加した皆さまとの出会いによって、内容も少しずつ変わっていきます。

今回は、序盤に参加者の皆さんのお話をお聞きして、「自分の気持ちを見つめる」という作業に時間をかけて取り組んでいただきました。
子育ては、子どもを見ているようで、実は自分の心と向き合わざるを得ない場面が思いのほか多いのかもしれません。

予定していた台本は、大幅に変更し、ライブならではの内容となりましたが、ご感想として「自分の不安やイライラがどこから来るのかや、その気持ちとの付き合い方がわかりました」「よく『肯定感』と聞きますが、具体的に『どうしたら』ということがわかったように思います」「グループ交流で『ある!ある!』を聞く事が出来てとても良いヒントを得ることができました。気持ちが楽になりました」など、多数いただき私としても伝えたいことが伝わったとほっとしています。

この講座は、「6月22日(金)10:00〜12:00 盛岡会場(雫石町中央公民館)」「6月29日(金)10:00〜12:00 沿岸南部会場(大船渡市三陸公民館)」と続きます。

20180629.jpg

主催:岩手県学校・家庭・地域の連携による教育支援活動促進委員会、岩手県教育委員会
問い合わせ先:岩手県立生涯学習推進センター TEL 0198-27-4555
posted by サトウマリコ at 22:47| Comment(0) | *講座

2018年05月26日

ご案内「女性のための心理学講座〜見つめてみよう自分のココロ〜」

■日時 2018年6月2日(土)13:30〜15:30
■場所 サンライフ盛岡(盛岡市仙北2−4−12)
■受講料 1,500円(資料代込み)
■定員 15名
■持ち物 筆記用具
■講師 心理カウンセラー 佐藤真理子
■内容 女性専門の心理カウンセラーが、さまざまな年代の悩みによりそいながら、簡単な心理テストやリラクセーションを交え、心を前向きにするお手伝いをします。
■申込先 サンライフ盛岡(019−635−9600)

***
一週間前の告知で申し訳ありません。
毎年、サンライフ盛岡さんでは、講座を開催させていただいており、その年ごとにテーマを考えるのですが、今年はシンプルに!と初心に戻ってみました。

「悩み」は結局のところは、お一人おひとり違うので、これ、と照準を絞らず、でも、講座を終えると自分の行きたい方向性が見えてくる……、そんな内容を考えております。

今回は、女性を対象に絞らせていただきました。私の普段のカウンセリングでの経験値も活かせると思いますし、参加しやすいというお声もいただいておりました(もちろん、男性の方も参加できる講座は別の機会にと考えています)。
それから、今回は、グループワークや、皆さんの前での発言などは、自発的なもの以外は講座の流れに入れない予定です。

演習は多く取り入れますので、黙って座っていながら、カウンセリングが受けられるイメージに近い感覚に、と思っています。

残席わずかですが、ご興味がある方はぜひご参加ください。
posted by サトウマリコ at 23:57| Comment(0) | *講座

2018年05月02日

講座終了「心の健康〜ストレスとの向き合い方〜」

2018年4月23日、紫波町食生活改善推進員協議会研修会において、講座を行ってまいりました。

201804231.JPG
201804233.JPG


皆さまが、普段から「食」を通して、心身の健康に向き合い、取り組んでいらっしゃる様子を肌で感じながら、プラスアルファのヒントになれば、とお話をさせていただきました。

なごやかな雰囲気の中、しっかりとお話を聞いてくださる姿に私も励まされました。
ここでのお話が、更に皆さまの言葉で広がっていくと嬉しいな、と思っています。

参加者の皆さま、職員の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 11:03| Comment(0) | *講座

2018年02月18日

家庭教育セミナー「子どもたちの健やかな未来のために」

2月3日(土)、久慈中学校を会場に久慈市中央市民センター様の主催で講演を行ってまいりました。
副題は、〜見つめてみよう自分のキモチ、聞いてみよう子どものココロ〜です。

DSC_0253.JPG

思春期という多感な時期にさしかかった子どもたちを前にした、保護者さまと先生方に、心理学的な側面からお話させていただきました。「大人自身が感情のコントロールやコミュニケーションにおいて余裕を持つにはどうすればよいか」「子どもたちの心理状態と行動について」などを具体的な例も挙げながらお伝えしました。

「子ども時代」というのは、大人自身、誰もが昔、通ってきた道のはず。

けれど、子どもの頃のことを鮮明に覚えている人もいれば、今は親や大人としての立場で接することで、子どもの頃の気持ちを忘れかけている人もいます。

また「自分の子どもの頃はこうだったから、これでいいはず」、という考えに偏りがちになってしまうこともあります。

そして、お子さんが生まれた時からここまで育ててきたことを思えば当然の言動であっても、大人になりかけた子どもたちにとっては、いつの間にかコミュニケーションのズレを感じてしまうこともあります。

私はいつもお話させていただく時に前置きをするのですが、こうすればいい!という正しい答えはないし、それを語るのが心理学ではないと思っています。
最終的には、お聞きくださった皆さまに、そして未来という時間にゆだねつつ、今回少しでもヒントをお伝えすることができたなら幸いです。

多くの感想をいただき、皆さまが子どもたちに向き合う気持ちの真剣さをあらためて感じました。

ご参加くださった皆さま、職員の皆さま、ありがとうございました。

〜ご感想から〜(一部抜粋)

・子どもの性格なども感じたうえで、その子とどのように接し、どのような言葉がけをすればよいかの参考になりました。
・親と子、教師と生徒、どちらでも活かせる内容でした。自分の中にも5つの顔があるというのも大変面白いものでした。
・親として子どもを「育てる」=「教える」と考え方を押し付けていることに気が付くことができました。横に並んで話ができる機会をたくさん作りたいと思いました。
・人との関わりが、人間関係を形成していくうえでとても大切だと思ったので、その原点を考えることができて良かったです。
・自分の心を見つめるいい機会となりました。また、子どもだけではなくすべての人とのコミュニケーションのためにとても役立つお話でした。ぜひ実行したいと思います。
posted by サトウマリコ at 23:14| Comment(0) | *講座

2018年01月27日

「子育て講演会」心地よい人間関係のつくり方

講演.JPG

1月25日(木)10:00〜11:00、盛岡市のなでしここども園さんにおじゃましてきました。

今回は、保護者の皆さまと、職員さま対象の講演会でした。
初めておじゃました場所でしたが、着いてすぐに、大勢の子どもさんたちの元気なあいさつが聞こえてきましたぴかぴか(新しい)
もうそれだけで、心が温まったような気がしました。

今回の内容は、敢えて「子育てとはどのようにするべきか」ではなく、大人自身が自分の心の状態を見つめたり、どのように人とコミュニケーションをとればよいのか、といったお話を中心にさせていただきました。

人間関係は、多くの方の悩みのもとであり、心理学でもしっかり理論化されています。
そのことをわかりやすく説明して、親御さん自身が心のコンディションをよりよい状態にできれば、きっと子育てにもよい影響があるはず。何より、子どもたちは、親のことよく見ているので、どうしても大きく影響を受けて育ちます。そんな時、親御さん自身がよりどころとなる考えをしっかり持っていると、迷いが取れていくのではないかと思います。

このところの寒波の中、そしてお忙しいところ、沢山の方が足を運んでくださいました。
1時間という限られた時間でお話することによって、ぎゅっとポイントを絞ることができた気がします。

今年度は、あと一回、思春期の子育てについてお話する機会があります。
なぜか、子育てに関わる講演の多い年になりました。

沢山の方の悩みをお聴きしていると、年代問わず、子ども時代の過ごし方がどれほどその後の人生に影響があるか、ひしひしと感じます。
少しでもお役に立てますように、今後も、よりわかりやすい講座を目指して頑張ろうとと思います。

お世話になった職員の皆さま、ご参加くださった保護者の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 01:10| Comment(0) | *講座

2017年11月09日

「心の声を聴く方法」〜心地よい人間関係の作り方とストレスからの解放〜

少し前のことになりますが、10月20日(金)、盛岡市総合福祉センターに於いて、盛岡市保育所協議会の研修会の講師を務めさせていただきました。

20171020.jpg

「心の声を聴く方法」〜心地よい人間関係の作り方とストレスからの解放〜と題しまして、約2時間お話させていただきました。

今回は、人数も多かったので、殆どの私の講座で取り入れているグループワークは行わず、ほぼしゃべり続けるという今までにない進め方となりました。

普段のカウンセリングでは、目の前のお一人の方の問題解決に向けて、私の背後にある心理学の引き出しから、必要なものを提示する、というイメージでやっているのですが、今回は悩みや状況も様々である多数の方々へお話するということになりました。究極、「正しいかどうか」でははかることのできない人の心の動きや、コミュニケーションについて、どうしたら少しでもお役に立てることを伝えられるか・・・。

講座の準備期間に沢山考えて、私自身も、心理学の勉強をした時にまず自分が楽になれた気持ちを思い出しながら、お話させていただきました。

後日、私がお話したことの中から、ご自分に響いた部分だろうな、と思うのですが、会場の皆さまからのバリエーションに飛んだ感想をいただきました。

「自分を見直す機会にしたい」「心が軽くなった」「自分の価値観、視点を少し変えていきたいと思った」「温かい雰囲気が伝わる話し方に共感した」「保育内容以外の研修は初めてだったが、とても勉強になった。同僚にも伝えたい」等々…他にも沢山の感想をいただき、本当に嬉しかったです。

少しでも誰かの心が軽くなって、その周りにいる人の笑顔が増えるなら……、(講師業は本業ではないので緊張しますが)もっともっと伝えていきたい。そんな気持ちになるテーマをいただいた講座となりました。

主催者の皆さま、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 21:21| Comment(0) | *講座

2017年10月22日

「子どものココロの声を開く聴き方」講座終了

10月7日(土)、久慈市中央市民センターに於いて、久慈市保育園保護者連合会の第2回代議員研修会の講師を務めさせていただきました。

kouenkaijou.jpg

私は心理学の観点から、コミュニケーション、特にも会話を中心としたやりとりについてお話することがあるのですが、今回は、保育園の保護者の皆さまに、ぜひこれから子どもさんたちと接する時に活かしていただきたい内容をお話しました。

言葉を覚え理解し、お話を始めるということは、他者とのコミュニケーションの始まりでもあります。
この時期に身についたやりとりが、数十年先まで影響を与えることも少なくありません。

かといって、お父さん、お母さん、誰をとっても「完璧な人」ということはありませんから、人間らしい感情を押し込めず、心地のよいやりとりというものを、子育てをしながら一緒に学ぶ……そんな気持ちで自分を縛りすぎずに考えていただけたらな、という思いもお伝えしました。

実は、終了後、あれもこれも言い足りないことがあったな、と残念に思った点もありましたが、一番お伝えしたかったことはお伝えできたのではないかと思います。

参加者の方からは、「子どもとの接し方の道しるべとなった」「全部が自分のせいじゃないという言葉を聞けて心が楽になりました」「存在そのものがOKということを我が子に伝えていきたい」「親同士で話ができて笑いあえて良かった」など、感想を寄せていただきました。

参加者の皆さま、細やかに心を配ってくださった担当者の皆さま、ありがとうございました。


posted by サトウマリコ at 14:20| Comment(0) | *講座

2017年07月22日

「子育ち・親育ちサポートサロン(県北会場)」

7月22日(土)、二戸地区合同庁舎にて、講座を行ってまいりました。

詳細はこちらから
http://www2.pref.iwate.jp/~hp1595/29houkoku/290722.pdf

ninohe2.JPG

今回は、同じテーマ・内容で県内を周るといういう貴重な体験をさせていただきました。

私は、心理カウンセリングの現場で、何歳になっても自分の「生き方」のルーツとなる子供時代の大切さを痛感しておりまして、現在子育て中のお母さん、サポーターの皆さまに日常生活で具体的に役立てられることを、というテーマで内容をお伝えしました。

ですので、対象は、言葉でのコミュニケーションが可能となる幼稚園以上くらいのお子さまから、ということになります。

今回は子育てを中心にお話しましたが、コミュニケーションというものは、一生、親子・家族だけでなく、さまざまな相手と取り続けていくものです。

その基本的なことを知る・実践していくことで、周囲との関係性や自分の心の状態によい変化をもたらすことはおおいにあると感じています。

3回の講座を通じて、子育てはもちろん、それ以外のテーマでも、この基本の部分をお伝えする機会を持てるとよいな、とより強く思うようになりました。

ninohe1.JPG

ご参加くださった皆さま、機会をくださった職員の皆さま、ありがとうございました。

このサロンは、対象を乳幼児とした(専門講師による)内容でも行われています。
お問い合わせは、岩手県立生涯学習推進センターまでご連絡ください。
posted by サトウマリコ at 22:49| Comment(0) | *講座