2018年12月31日

2018年10月現在面談カウンセリング受付案内

(この記事は最上部に固定しています)
 
2018年10月現在のサービス内容です。
料金、場所、条件等は今後変更することがございますので、あらかじめご了承ください。

※現在、新規のお申込みは、受け付けておりません。






※ご予約希望日時について
予約日から近い日にちでは、空いていない場合があります。
具体的な日時の他に、「平日の18時以降」「土曜日の昼」などの条件も添えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。


【心理カウンセリング(面談)】

〜日常生活を送る中で感じる心の不調について、心理カウンセラーが
お話をお聴きし、必要に応じて心理療法を用いながら、改善に向けて
お手伝いします。また、不調と思われなくとも、今後の生活を向上
したい、仕事やスポーツのモチベーションアップやメンタル的な
サポートが必要だと感じる方もぜひご利用ください。〜 

(通院加療中でカウンセリングが適さないと判断される方、ご本人が
カウンセリングを希望されない場合は、お断りする場合があります)

                        
*料金*
60分 4,000円
90分 4,500円


*場所*
盛岡駅または仙北町駅周辺公共施設

*受付時間*
9:30〜21:00(最終開始時刻19:30)
月曜日・日曜日定休
カウンセラーの業務状況と会場予約の都合上、ご予約の日まで1週間〜2週間の間が空くことがありますので、予めご了承ください。

*その他*
対象:女性専門。
自分や家族に関することで気になること・悩みを持っている方、誰にも言えない気持ちを吐き出したい方、
よりよい人生に向かっていきたいとお考えの方、気になる症状などを改善したい方。


*必要に応じて用いる心理療法*
対話によるカウンセリング
交流分析
色彩心理・芸術療法を用いた分析
認知療法
自律訓練法
リラクセーション
EFT
催眠療法
ゲシュタルト療法
イメージ療法 他


*対応スタッフ* 心理カウンセラー 佐藤真理子


*ご利用方法*
完全予約制となっております。
「前日17時まで」にお申込みください。
施設予約の都合上、お早目のお申込みをお勧めいたします。

●メール受付(推奨)
パソコンの方は、

お申込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/KlfwHA7OVJKrxnTT/
が便利です。

またはseraph@seraphy-room.sakura.ne.jpまで「面談カウンセリング希望」のタイトルで
「お名前(本名)、ご住所、年齢、性別、日中連絡のつく電話番号、希望日時(第2か第3まで)、主な相談内容」をご連絡ください。


携帯メールの方は、
seraphyroom@docomo.ne.jpまで「面談カウンセリング希望」のタイトルで
「お名前(本名)、ご住所、年齢、性別、日中連絡のつく電話番号、希望日時(第2か第3まで)、主な相談内容」をご連絡ください。

できるだけ早く予約確認の返信をいたします(数時間〜半日以内)。 
24時間以内に返信がない場合は、何らかの理由でメールが届いていないことが
考えられますので、再度メールまたはお電話でお申込みください。

●電話受付 10:00〜19:00(TEL 080−8202−8013)
最初に、「面談カウンセリング希望」とお話ください。
業務中は電話にでられないことがあります。
その際は大変申し訳ございませんが、後ほどお掛け直しいただくか、
留守番電話にお名前とご用件、連絡先をお話ください。
後ほどこちらから個人名で掛け直しさせていただきます。

***
受付5分前から入室可、遅れて来られた方については、
予定時刻の15分すぎまで受付可能です。
それ以降に到着した場合は、再予約をお願いいたします。
キャンセルされる場合は、必ずご連絡をお願いします。

ご利用者さまの感想
http://satoblog.sblo.jp/category/576405-1.html

カウンセリングについて
http://satoblog.sblo.jp/category/3629894-1.html


盛岡ハートフルカウンセリング セラフィ
ホームページ
http://seraphy-room.com

申込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/KlfwHA7OVJKrxnTT/
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *面談カウンセリングのご案内

2018年10月30日

講座終了「支援員の心の健康について〜働く私達が元気でいるために〜」

20181030.jpg

2018年10月30日、花巻市内学童クラブ連絡協議会様主催の学習会にお招きいただき、八幡学童クラブにおじゃましました。

学童クラブの支援員の皆さまのお仕事については、仕事の関係上、その御苦労の一端を知っているつもりでした。でも、きっと知っているのと経験されているのとは大きな違いがあると思います。
今回の学習会のテーマを伺い、あらためてその大変さを深く感じましたし、支援する側としてご自身のコンディションをよい状態にしておきたいという気概が伝わってきました。

会場に着くと、ハロウィン仕様の廊下を通り、子ども達のいない学童クラブなのに、とてもアットホームな雰囲気でした。参加者の皆さまにも、あたたかい雰囲気で迎えていただき、お互いにやりとりをしながら学習を深められたように感じます。

学童クラブで頑張る支援員の皆さま、そして、子どもさんたちのために、少しでもお役に立てると幸いです。

参加者の方からは、

・子供や保護者の対応について、ヒントを得ることができて良かった
・心の動きや感情を読み解く方法・手段・心理について、基本的なところから学ぶ事ができました。子どもや保護者と今後対応していくうえで参考にしたり、ヒントをたくさん得ることができて良かったです。
・自分の心と向き合うことがあまりないので、一つ一つの項目により分析するということ、ストレスの解消の引き出しをたくさん持つというところが参考になりました。

など、多数のご感想をいただきました。

参加者の皆さま、何度もやりとりさせていただいたご担当者さま、お世話になりました職員の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *講座

2018年10月23日

講座終了「子ども達の幸せのために大人ができること」

201810232.jpg

2018年社10月23日(火)、二戸地区合同庁舎にて、岩手県教育委員会様主催、県北教育事務所様主管の「管内子育て支援ネットワーク研修会」に於いて、講師を務めさせていただきました。

今回の研修は、大きなテーマが「発達障がいの理解と対応」であり、岩手県立久慈拓陽支援学校の特別支援教育エリアコーディネーター梅野佳和先生の講義に続いて、講義と演習を行いました。

私自身は、昨今支援する側も関心の高い発達障がいの方や家族の方々へのアプローチを学ぶ側になります。
今回は、専門的な知識ではなく、支援者としての基本的な姿勢と問題解決のアプローチの仕方について効果的な方法を、心理学やカウンセリングの知識をもとにお伝えしました。

私は、20人前後だと、お一人おひとりとなんとなくやりとりをしながら話を進められる感じがしますし、100人以上になってしまっても、大丈夫なのですが、程よく人数が多い50人前後という人数が、一番緊張しやすいようです。

その人数だったこともあるのか、講義では話し方が少し堅苦しくなってしまったように思います。
休憩を挟んだあとの演習では、参加者の皆さんが、グループごとにとても充実した時間を過ごされているように感じました。その影響もあるのか、最後には会場の皆さまとよいやりとりができたように感じています。

参加者の方からは、

・相手のことを想いながら、人の話を聞いてあげることが大切だとわかった
・話すことによってストレスもほぐれたようであった
・自分の考えや思いついたことを話すのではなく、相手の話す内容を確実に思い描くように心がけたい

など、多数感想をいただきました。

参加者の皆さま、沢山のお心遣いをいただきました職員の皆さま、ありがとうございました。

写真もいっぱい撮っていただきました!
201810231.jpg201810233.jpg201810234.jpg
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *講座

2018年10月18日

講座終了「伝える技術〜効果的な話し方を学ぶ〜」

20181018.jpg

2018年10月18日(木)、盛岡総合福祉センターに於いて、盛岡市私立保育所協会給食グループ様主催の学習会にお招きいただきました。

栄養士として、普段は専門的な知識をもとに大切な役割を担っている皆さまに、「伝える技術」というテーマに沿って、職場やプライベートの場面も含め、「伝えたいことがしっかりと相手に伝わるために必要なこと」を掘り下げてお伝えしました。

日常の場面で、せっかく大事な話をしているのに、相手が話をきちんと聞いてくれない、聞いたはずのことを行動に移してくれない、など、困ったことはないでしょうか。

伝え方を工夫することで、相手の耳に、そして心にすっと入っていくこともあります。

少し意識するだけでも、ぐっとコミュニケーションがよくなることがありますので、カウンセリングや心理学の知識をもとにお話させていただきました。

参加者の方からは、

・人それぞれ考え方とらえ方は異なるため、相手の様子を知った上で話をしていかないと、自分の思いが伝わらない事がわかった。
・なかなかコミュニケーションが上手くとれないと思っていたが、どこが悪いのかはっきりと解らなかった。資料にはそこが載っていたので自分を知る事ができた。
・演習で視覚が伝える印象の力を感じておもしろかった。いつも同じ伝え方だったと思うので、場面や相手、内容に応じて変えられるように意識していきたい。

など、多くのご感想をいただきました。

ご参加くださった皆さま、細やかなやりとりに応じてくださったご担当者さま、ありがとうございました。

201810182.jpg
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *講座

2018年10月16日

講座終了「見つめてみよう自分のキモチ。聴いてみよう子どものココロ」

20181016.jpg


2018年10月16日(火)、西和賀町沢内地区保育所保護者連合会事務局様主催の学習会にお招きいただきました。

今回は、18:30スタートということもあり、沢山の保護者さまが来てくださいました。子育てに関わる講座をこれまでも経験しましたが、昼の時間帯での開催とは違い、お父さま方のお顔も多く見えて、なんだかじわりと嬉しくなりました。

普段、忙しく充実した毎日を送っている皆さまも、ひと時、立ち止まって自分の気持ちを振り返ったり、子ども達への関わり方を見つめ直す機会を持っていただけたようです。

参加者の皆さま、そして半年前から細やかな打ち合わせに応じていただき、当日もお心配りをいただいた職員の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 00:00| Comment(0) | *講座

2018年09月21日

講座終了「伝わる言葉」〜子育て講演会〜

去る8月27日(月)、田野畑村教育委員会様主催、家庭教育学級子育て講演会「伝わる言葉」の講師を務めさせていただきました。

大人を対象とした講座でも、相手の心を開く、自分の気持ちも相手の気持ちも尊重する方法などを普段からお伝えしているところです。
今回は、発達段階に応じた背景と具体的な言葉がけを意識しながら、お話させていただきました。

どの年代でも同じことは言えると思うのですが、こと子育てとなると、いろいろな角度から考えなければという思いが先走り、いただいた時間内にまとめるのが毎回難しいです。
そして、話を聴いてくださったお母さんの先には、これから成長していく子どもたちがいると思うと、終わったあとも、きちんと伝えられたかどうか、しばらくの間、思い返したりしてしまいます。
今後も一つひとつの講座の目的に合う表現を工夫しながら、がんばっていきたいと思います。

講座風景1.jpg
(講座風景)
マンガぬりえ5.jpg
(今回は自作の絵も使用しました)

「生活の中で思い当たることが多々ありました。子どもの話をゆっくり聞いてあげたいです」「ダメ!と言いがちなので、肯定的な表現で声がけしていきたいと思いました」等、ご感想をいただきました。
少しでも子育てのヒントになれば幸いです。

参加者の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 12:29| Comment(0) | *講座

2018年08月31日

講座終了「日々を豊かに 大人の楽しみ方講座」

20180729.jpg

花巻市様の主催事業、「はなまき若者魅力アップセミナー」の講師を務めさせていただきました。
全6回の充実した内容の講座です。

私は、第1回(7月29日)「『自分らしい』が心地いい」、第2回(8月26日)「会話を楽しむコミュニケーション術」を担当させていただきました。

まずは、自己分析やコミュニケーションなど、内面のことから学習し、いろいろなマナーなどを習得するという流れの長期講座。私の役割は、心理学的な側面をお伝えするということと同時に、初対面の参加者さま達の緊張を解きほぐすことも大事なポイントだったと(勝手に)考えております。

心理学の講座は、「ストレスの解消」など感情について扱うものも多いのですが、実は、コミュニケーション、しかも具体的な演習を交えたものも守備範囲です。

普段のカウンセリングでは、結局のところ、具体的な人と人とのやり取りについて考えていくことが多いので、カウンセラーとしてはかなり「ど真ん中」のお題をいただいたような気持ちでした。

受講者の方からは、「短い時間の中でしたが、日々のなんとなく生活していく中で、自覚している自分のキャラクターともやもやの原因?(なんだか処理しがたい)が、今日学んだ事で、考えやすくなったと思います」(第1回)、「限られた時間の中で、わかりやすく教えていただき自宅でももう少し調べて、自己分析してみたいと思います」(第1回)、「緊張をほぐしていただきながら、楽しく時間を過ごすことができよかったです」(第2回)、「話してみる前はあれこれ考えてしまい悩ましかったですが、いざ話してみると盛り上がるものだなと思いました。楽しかったです」(第2回)など、嬉しい感想をいただきました。

20180826.jpg

何より、緊張がほぐれていき、楽しそうに交流をしている皆さんを見ている講師が楽しい気分になりましたぴかぴか(新しい)

参加者の皆さま、職員の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 20:35| Comment(0) | *講座

2018年07月09日

昔書いたコラム

こんにちは。

このブログは、ここ数年、すっかり私の講座記録と化しています。

たまには、生の言葉(?)を。

ブログが何故、講座のご案内と記録で埋め尽くされているのか・・・
それは、カウンセリングの経験を積んだが故、だと思っています。

カウンセラーになりたての頃は、習ったことを伝えたい!という思いでいっぱいです。
そして、誰かの役に立ちたい、という一心で書きます。

そして次第に書く時間よりも、実際のカウンセリングをする時間のほうが多くなっていきます。

そして…
(あくまでも私の場合は)カウンセリングの経験を積む前には、予想もできなかった、沢山の人の経験や価値観に触れます。

その複雑さを知るほどに、ひとつの悩みに対して、ひとつの答えを出すような、そんな言い切り方のような文章に抵抗を覚えるようになっていきます。

そもそも、ひとつの悩みと言えるものすらなく、
いくつもの要素が重なって重なって、自分でもからまった糸をどこからほぐせばいいのかわからない状態が悩みです。

それらをそっと丁寧に扱いながら、その時その人にとって大事なポイントを探り当て、苦労して見つけ出す答え。
それがカウンセリングの作業です。

だから、今の私は、発信をしたい気持ちはあるけれど、どういう形で発信をするのか、ずっと温めています。
もしかすると、近い将来には、何かの形になるのかもしれません。

***

でも、当然のことですが、読み手にとっては、上に書いた私の想いとは別に、書かれた文章の中から、自分に合うものを選択する、ということができるわけですよね。

ちょっとお蔵入りさせていた、昔のコラムを掘り起こしてきました。

将来何かの形でまとまったものを作るまでの間、ご興味があれば覗いてみてください。

今読むと、自分では多々拙い点を発見しますが、ヒントになることが少しでもあれば、と置かせていただきます。

コラム(佐藤真理子)
心のストレッチ
http://seraphy-room.sakura.ne.jp/stretch.html
posted by サトウマリコ at 19:42| Comment(0) | コラム

ご案内「はなまき若者魅力アップセミナー」

「日々を豊かに〜大人の楽しみ方講座」

20180708tirashi1.jpg

20180708tirashi2.jpg

対象は、花巻市内に在住または在勤の20歳から40歳までの独身の方です。

7月29日(日)〜12月8日(土)の期間、全6回の講座です。

おおまかな流れは「心理学で自己分析→自分を引き立てるファッションなどを学ぶ→冠婚葬祭やテーブルマナーなどを学ぶ」となっていて、私は、第1回・「自分らしい」が心地いい/第2回・会話を楽しむコミュニケーションを担当させていただきます。

お席に余裕があるようでしたので、ご案内させていただきました。
といっても、締め切りは来週7月17日(火)です。

対象となる方に、このブログが届くかどうか。。と思いましたが、「楽しみながら」「学ぶ」をスタッフの皆さまが沢山工夫していらっしゃるようですので、どうかご興味のある方に届きますようにぴかぴか(新しい)

申込みとお問合せは、花巻市生涯学習課 0198-24-2111(内線419)までお願いいたします。
posted by サトウマリコ at 19:00| Comment(0) | *講座

2018年07月05日

講座終了「子育ち・親育ちサポートサロン(沿岸南部会場)」

2018年6月29日(金)、大船渡市三陸公民館にてお話させていただきました。

201806291.jpg

詳細はこちらから↓
http://www2.pref.iwate.jp/~hp1595/29houkoku/300629.pdf
このシリーズは、今回で、担当させていただいた6回の最終となりました。

毎回、前回の反省を踏まえブラッシュアップさせたり、会場の雰囲気によって、アドリブで構成を若干変えたりと、講師としては本当にありがたい経験をさせていただきました。

このブログを、かなりさかのぼると出てくるのですが、東日本大震災当時、私は自分のできることとして、心のケアについて、思い浮かぶまま文章にして伝えようとしました。
現地には専門の方が組織的に動いているようでしたので、自分にできることを冷静に考え、内陸避難されている方のケアなど、本当に少しですがお役に立てればと考えていたのです。

それでもずっと「気にかけている」気持ちは持ち続けながらも、沿岸に足を運ぶ機会が少ないことを気にしていました。

今回は、前日に現地の職員の方から当時の様子をお聞きすることもできました。

そして、その地で、ということを意識しながらも、テーマである「子育ち・親育ち」についてのお話をさせていただきました。

お役に立てていただけることがあれば、幸いです。

(参加者さまのご感想から一部抜粋)
・全ての言葉、お話の内容が大変為になりました。言葉のシャワーで涙が出ました。自分のこととして置き換えて聴いているうちに、悩んでいたことの答えが次々見つかりました。本当にありがとうございました!!
・自分も子育て中です。そして、仕事でも親と子の関係性について相談をされたりすることもあり、とても参考になりました。母子愛着がうすい親子も多く、アドバイスの参考になりました。自分の子育てにもとても参考になり、「なるほど」と思うところがたくさんあり、参考になりました。ありがとうございます。
・ありのままの子どもをありのままに認めていこう!と改めて思えました。そして、自分自身のことも、その時々認めていってあげようと思いました。なんだか、人にも自分にも優しくなれそうな気がします♡アートセラピーにもすごく興味あるので、きっかけがあれば勉強してみたいです。

参加者の皆さま、お世話になった職員の皆さま、ありがとうございました。
posted by サトウマリコ at 12:36| Comment(0) | *講座